CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

11/ 6 (月) 2006

カテゴリー:

愛を感じます。

text by

広報部

カテゴリー:

ちょっと前の話になってしまいましたが、麻生グラウンドでの出来事。
この日は週の前半で、少しリラックスしたムードのトレーニングでした。何人かの選手達が全体トレーニングの合間をぬってFKのトレーニングに取り組んでいました。そして全体練習が終了。その流れで終了後もFKのトレーニングに励んでいたのはケンゴ。

いまやセットプレーのキッカーといえばケンゴ。黙々とボールを蹴りこんでいます。そんなケンゴの蹴った弾道を見つめる選手達。いや、選手達が見ていたのはボールの弾道ではなく、ケンゴの動き。

そう、もう恒例になった誕生日を祝う、いつものアレです。
徐々に間合いを詰めてケンゴを何気なく取り囲み… FKは蹴らないため、FKの練習の際はいつも側にいないジュニも、両手に2つ卵を隠しながら、ニコニコと笑顔を見せながら近寄っていきます。

ボールを蹴った直後に狙われたケンゴ。「まったく予想していなかったよ。このタイミングでやられるとは… でも、嬉しいですね。チームの愛を感じます」とケンゴ。

その後、卵だらけのままサポーターの皆さんにも祝福され、プレゼントをたくさん頂き、クラブハウスに戻っていきました。

形はどうあれ、仲間とこれだけ多くのサポーターの皆さんに祝ってもらえるなんて、幸せものだなぁと思いました。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ