CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

10/ 7 (木) 2010

カテゴリー:

FROZO第3弾発売!

text by

「マッチデープログラム」編集部 本間

カテゴリー:

前号のガンバ大阪戦のマッチデープログラムでも告知していましたが、10月10日(日)のナビスコカップ準決勝ジュビロ磐田戦で、いよいよFROZO Vol.3の発売です!
今回のFROZOの見どころは、なんといっても稲本選手の大特集。表紙もガンバ大阪戦のマッチデープログラムに続いて、稲本選手となっています。この日記では、特別に稲本選手の巻頭インタビューの冒頭のみ、ちょこっと公開しちゃいます。

─ 約9年ぶりにJリーグに復帰した稲本選手ですが、フロンターレにきて半年以上の月日がたちました。実際に日本でプレーしてみて感じたことはありますか?
「やっぱり同じ日本人のなかでサッカーができるのはやりやすいです。フロンターレの雰囲気も最初の印象と変わらないし、うまく継続しながらいい形でやれています」

─ Jリーグ全体の雰囲気はいかがでしょうか?
「最初の頃は早く慣れなきゃという気持ちはあったけど、不思議な感じでした。海外に行く前にガンバで4年ちょいやりましたけど、改めてプロに入りたての頃を思い出したというか」(本誌より)

川崎フロンターレに新加入、そして自身にとって3度目の出場となったワールドカップ南アフリカ大会。稲本選手にとっても大きな転機となるこの2010年。稲本選手の目から、フロンターレ、そして日本代表はどう映っているのか。率直な気持ちを語ってくれました。

これまでの稲本選手の真面目なインタビューとは一転、次の企画は、井川選手、楠神選手、登里選手の3人の関西人による「稲本潤一を語る会」。「ツッコミ担当で決して自分からはボケない!?」「漫画や雑誌を大量に買い溜め!?」大先輩・稲本選手の知られざる素顔を大暴露。「ここまで言っちゃって、あとで大丈夫?」と取材した私たちも心配になってくるほど、ぶっちゃけてくれました。3人による稲本選手のモノマネも必見です!

その他にも、オモシロ対談企画が目白押しです!

●「フロンターレ今昔物語」佐原秀樹×寺田周平

いまやJ1でタイトルを狙えるまでの強豪クラブへと成長したフロンターレも、観客数千人のJ2時代など、様々な紆余曲折がありました。20世紀のフロンターレを知る佐原選手、寺田選手に当時の想い出を語ってもらいました。

●フロトーーク6 「湯巡り大好き! プロサウナー」編

相澤貴志×杉山力裕×木村祐志
毎度お馴染みの企画となったフロトーーク。今回のテーマは「風呂、サウナ」。麻生グラウンド近くのスーパー銭湯「湯快爽快」で、風呂、サウナについてのこだわりを語り合いました。チームナンバーワンの風呂マニアの相澤選手が、杉山選手、木村選手に風呂道を指南!?

●新コーナー:「小宮山なう」
ドイツへ移籍したテセ選手の名物企画、「テセ番長のお悩み相談室」を引き継いだのは小宮山選手。最近のコミ事情を赤裸々に告白!? 「コミがグッとくる女性の仕草は?」女性ファンも必見の新企画です。

川崎フロンターレ・オフィシャルマガジン FROZO(ふろぞう)Vol.3
主な内容
・巻頭インタビュー:稲本潤一
「プロフェッショナルの職分」
・対談:井川祐輔×楠神順平×登里享平
「稲本について語る会」
・対談:佐原秀樹×寺田周平
「フロンターレ今昔物語」
・フロトーーク6 「湯巡り大好き! プロサウナー」編
相澤貴志×杉山力裕×木村祐志
・ひろゆき君の一刀両断 ゲスト:伊藤宏樹、中村憲剛
・小宮山なう
・iPod俺のプレイリスト:高須英暢
・ゲームの達人:薗田淳
・番記者酔いどれ座談会 ほか
ほか

B5版32ページオールカラー  定価:600円
※ FROZOは定期購読には含まれておりません。

FROZO(ふろぞう)Vol.3は、もちろんオンラインストアでも販売します。当日、等々力に来られない方はインターネットで。

http://www.kfmatchday.com/(PC、携帯共通)
お電話、FAXでの注文も承っております。
TEL:03-3221-7343
FAX:03-3221-7344


ナビスコカップ準決勝磐田戦のマッチデープラグラムの表紙&インタビューは、先日の準決勝第1戦で、貴重なゴールを挙げて勝利に貢献した黒津勝選手です。 第1戦で勝利したものの、サッカーは何が起こるかわかりません。黒津選手も、 「前半1-0でリードしたという状況なだけ。まだ何も決まってません」と気を引き締めていました。 この試合に挑む意気込み、昨年の雪辱を晴らしたい気持ちは、選手もサポーターも一緒。ぜひみなさん一丸となって、国立への切符を掴み取りましょう!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ