フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2012年02月25日(土)の日記

tag: トレーニング

最終日

text by オフィシャルライター 麻生広郷

宮崎でのキャンプも最終日。その締めくくりとしてサンフレッチェ広島との練習試合が行われました。

会場は広島のキャンプ練習場のシーガイア・イベントスクエア。試合形式は45分×4本でした。

1本目。これまでの練習試合の相手とは異なるタイプのサッカーに奪いどころが定まらず、ボールを回される時間が長くなり、プレッシャーをかけたところをかわされてカウンターからミドルシュートを打たれて失点を喫し、0-1で終了。

2本目も広島に押される時間帯が続き、レナトのフリーキックは惜しくもポスト直撃。惜しくもゴールならず。逆に広島にゴールを決められ、終盤攻撃的なメンバーを投入して攻めにかかるもゴールを奪えず、1本目と同じく0-1で終了となりました。

3本目は両チームともに大幅にメンバーが入れ替わりましたが、その代わりばな。ヒロキのロングボールに反応したクロがこぼれ球を拾ってシュートを決め、さらにゴール前に入ったイナのボールのこぼれ球にいち早く反応すると、GKをかわして流し込み2ゴール目。さらに終了間際にヒロキのクロスをゴール前に走り込んだクスが合わせ、3-0で終了。

4本目。ユウスケのクロスに走り込んだフクがゴール。さらにペナルティーエリア前で得たフリーキックの場面で、フクが見事なシュートを決めて2ゴール目。若井選手の奮闘ぶりが目立ち、最後の45分は2-0のスコアで練習試合は終了しました。

1、2本目は相手のサッカーに適応するまで少し時間がかかってしまいましたが、その様子を外から見ていた選手たちが話し合って、ボールの奪いどころや攻撃の狙いをはっきりさせたようです。

「前回の山形戦では一体感といいながら少しバラバラになってしまったところがありましたが、そこは修正できた」と相馬監督。「あとは点を決めるところ。ゴール前でのプレーにこだわりながら、課題を持ってもう一段レベルアップしていきたい」と、次のステップを見据えていました。

チームは川崎に戻り、火曜日から麻生グラウンドでのトレーニングを再開します。開幕まであと2週間。シーズン開幕に向けて仕上げの段階に入って来ました。

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ