フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年06月04日(火)の日記

tag: 遠征

ベトナム遠征

text by 広報部


「日越友好40周年記念事業 サッカーを通じた国際親善交流イベント」として開催されたベトナム遠征。今回はチームの様子をお伝えしたいと思います。

1日目。この日は午後からバスで成田へ移動。イナやヨシト、ソウタあたりは遠征に慣れていてリラックスした様子で、ラウンジでまったり。チェックインもスムーズに済み、チームは6時間かけて空路でベトナムホーチミンへ。時差が2時間あるので現地に着いたのは23時ごろでしたが、選手たちにそこまで疲れた様子はありませんでした。

ただ、ホーチミンの空港から出た瞬間の温度と湿度の高さに体がびっくり。「空港からちょっと外に出てバスに乗るだけで汗が出ますねー」とマル。屋内は寒いぐらいにエアコンが効いているので、まずは屋外との気温差に馴れなければいけないようです。この日は移動に半日を費やし、選手たちはホテルの部屋に入っていきました。

2日目。この日は練習前の午前中に少し時間があるということで、選手たちは部屋でゴロゴロしたり、ホテルの周りを散歩するなど、思い思いに過ごしていたようです。バイク社会のベトナムは交通量が多い上に信号が少ないため、道路を渡るのにもひと苦労。「え、これ危なくて渡れないよー!」とコウキとヤマもびっくり。散歩に出た選手たちは、日本では考えられない交通事情に目を丸くしていました。

午後からはホーチミン市の北にあるビンズン省に移動。都市開発を手がけるベカメックス東急のショールームに表敬訪問したあと、トレーニングのためにビンズンスタジアムへ。するとさっきまで青かった空にグレーがかかると、一気に瞬間的なスコール。聞くところによると、この時期は雨季のはじまりの季節ということで、夕方ぐらいに必ずひと雨くるようです。練習がスタートする頃には雨も上がりましたが、そのぶん夜は湿気が高まるため、選手たちの体からは大粒の汗が流れ出ていました。

3日目。この日は夜からビンズンFCとの親善試合があるため、朝食会場に姿を現す選手は少なめ。昼過ぎまでホテルの部屋でゆっくり過ごす選手が多かったようです。

選手たちよりひと足早く会場に入ると、試合前3時間前あたりから会場周りの日本のお祭りイベントに人が集まりはじめていました。現地の人に聞いてみると、ベトナムでは試合がはじまってから徐々に観客集まってくるそうで、試合前からたくさん人が集まることはめったにないんだとか。日本の屋台を物珍しそうに覗くベトナムの方々の様子が、何とも不思議な光景でした。

試合は90分間で1-1のスコア、PK戦でビンズンFCの勝利。日本とはまったく違う環境や選手のコンディションといろいろな要素はありましたが、若い選手たちにとってはいい経験になったと思います。まずACL圏内に入るというクラブの目標からしても、いいシミュレーションになったのではないでしょうか。

4日目。ベトナム遠征最終日のこの日は、朝からホテルを出発。チームが2組に分かれ、昨日試合を行ったビンズンスタジアムでのクラブ間交流と、ドンナイ省でのサッカークリニックを行いました。外にいるだけでも汗が流れてくる蒸し暑さのなか、選手たちはベトナム在住の日本人の子どもやオフィシャルツアー参加者と一緒になってボールを蹴り、楽しく交流を深めていました。

そして締めはオフィシャルツアー参加者との懇親会です。イベント続きで選手たちは疲れているはずですが、ここでもサービス精神を発揮し、食事をしながらツアー参加者との会話を楽しんでいました。

「ベトナムに来ることもそうだし、こうやってサポーターと一緒にご飯を食べる機会なんてなかなかない。いやー、いい経験になったね」とヨシト。「今までいろんなクラブを見てきたけど、サポーターがここまでクラブを愛してくれているチームは見たことがない」と、パトリックもフロンターレの選手とサポーターの距離感の近さを改めて感じていたようでした。

今回は国際交流イベントということで、選手たちはサッカーを通していろいろなことを感じられたと思います。またこうした海外遠征を経験することによって、チームとしての一体感や結束力はより高まったのではないでしょうか。公式戦とはまた違った意味で大変なスケジュールでしたが、非常に有意義な海外遠征になったと思います。

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ