FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年06月19日(木)の日記

tag: トレーニング

キャンプ4日目

text by オフィシャルライター 麻生広郷

北海道七飯町でのキャンプは4日目を迎えました。

今回のキャンプは午前中がフィジカルトレーニング中心、午後はボールを使った基礎トレーニングに加え、対人やミニゲームといったメニューが基本です。この日も器具を使ったサーキットトレーニングからスタートし、ボール回し、攻撃陣と守備陣に分かれてのパート練習といったメニューをこなしていきます。

体力的にはそろそろ体が重くなってくる時期ですが、選手たちは高い意識を持ってハードなトレーニングに取り組んでいます。その成果として、ボールタッチやパスコースの選択といったプレー感覚は日に日に研ぎすまされているようです。

そして午前練習終了後、午後練習と翌日の午前練習のキャンセルが発表されました。連日二部練習を行ってきた選手たちの状態を見ての判断のようです。また翌朝7時キックオフのワールドカップ日本代表対ギリシャ代表をリアルタイムで観戦できるということで、監督やコーチからの選手たちへのちょっとしたご褒美でしょうか。

午前練習の帰り道、チーム一行は大沼国定公園湖畔にある大沼駒ヶ岳神社に立ち寄りました。去年も来ましたが、この神社にある大岩は知る人ぞ知るパワースポット。大岩の中は洞窟状になっており、この中を抜けると大自然のパワーをもらって難関を突破できるんだとか。チーム一行は大岩をバックに、優勝を祈願して記念撮影を行いました。

午後のスケジュールがフリーとなり、選手たちはつかの間のリラックスタイムを過ごしたようです。今後のスケジュールですが、明日は午後練習、そして明後日は北海道大谷室蘭高校、コンサドーレ札幌U-18との練習試合が組まれています。

シーズン再開までまだ少し時間はありますが、サッカーに集中できる環境でチームは少しずつ前に進んでいます。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h