FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年02月09日(月)の日記

tag: トレーニング

懐かしい顔ぶれ

text by 広報G

沖縄キャンプ3日目。この日はコンサドーレ札幌との練習試合が行われました。

コンサドーレ札幌と言えば…、昨年までチームメイトだったイナ(稲本潤一選手)、そして今年は期限付き移籍しているフク(福森晃斗選手)、さらにソノ(薗田淳選手)と顔なじみのメンバーも多く、グラウンドに到着すると、「久しぶりです!!」、「ちゃんとやってるのかよ~」など、会話を交わし、久しぶりの再会を楽しんでいました。

今年からイナ(稲本潤一選手)が加入したこともあり、小野伸二選手とのプレーを見ようと、たくさんのメディアの方はもちろん、平日ですがサポーターの皆さんも駆け付けてくれましたよ!!

試合のほうは45分×3本の試合形式で実施。新加入のケンユウのゴールで先制しましたが、一瞬の隙からゴールを許してしまい、その後はゴールを奪うことができず1-1のドローという結果に終わりました。

もちろん新加入選手が加わり、初めてJチームとの対戦となりましたが、チームを後方から支えるヨウヘイは「今日は前に人数をかける形でやったんですけど、後ろとしてはリスクマネージメントだとか、攻めているときにどういう準備をしておくかというところをもっと詰めていかなきゃと感じた。去年の終盤もそうでしたけど、相手に守られたときにどう崩すかというのは課題だと思う。今のままだとまだまだですが、このメンバーなら精度さえ上がれば相手を崩せると思うので、そういった細かいところを詰めていきたいね。まだまだこれからだと思うよ」と課題も見えつつ、手応えも感じている様子です。

この日は45分×3本ということで、プレーできるすべての選手が試合に出場し、新人のコウもチャンスをもらいました。「一緒に組んでいた井川さんにリードしてもらっていて、正直何もしてないなって印象です。ビルドアップにしてもミスを怖がってパススピードが遅かったり、止めてから遅くて僕のところで詰まることが多かったので、そこは修正しなければいけないと思っています。フロンターレは練習からレベルが高くてスピードも早いですし、自分が出たときは相手が引いて守っていたのでプレッシャーは感じなかったんですが、だからといって相手に合わせてゆっくりしちゃダメだなって感じます。そうやって感じている部分をどう行動に移すかは自分次第です。正直、自分としてはまだ全然ついていけていない印象なので、やりながら慣れていきたいです」と試合の感想を話してくれました。もちろん久しぶりの川崎フロンターレU-18からの昇格選手なので、すぐにフィットとはいきませんが、少しずつ自分のものにしていってもらいたいものです。

沖縄キャンプ初めての練習試合を終えて風間監督は「今は試合に慣れていくところ。そういう意味では与えられた時間をしっかりプレーできたというのは収穫だと思う。この試合自体もトレーニングの中の一環なので、ここでそんなに大きな評価をする必要はないなと。キャンプ中にまだ2試合あるので、今よりも次の試合のほうがイメージが明確になっていれば。やることはもう見えているけど、各選手が自分にはここが足りないんだと、明確になるといいんじゃないかなと。そうすればもっともっとよくなると思う」と、この試合を総括してくれました。

まだまだ始まったばかりの沖縄キャンプですが、練習試合でそれぞれの課題が見えてきたと思います。次は中1日で迎える名古屋グランパス戦です。今日の試合で出た課題を修正し、しっかりと開幕に向けて仕上げもらいたいですね。

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h