FRONTALE DIARYフロンターレ日記

アメフトシーズン真っ盛り!!

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

川崎フロンターレは2015年4月から指定管理者として運営している「富士通スタジアム川崎」を「アメリカンフットボール」を中心に熱く盛り上げるべく、スタジアムの中だけでなく、外に飛び出して様々なイベントやアトラクションを行っています。

サッカー、ラクロス、格闘技、グラウンドゴルフ、ポールウォーキング、障害者スポーツ等々、様々なスポーツを世代を越えて多くの皆様に見て、そして体験していただいています。

川崎フロンターレの兄弟である富士通フロンティアーズ(以下:フロンティアーズ)の試合ではたくさんの川崎フロンターレのサポーターの皆様にご来場いただいていますが、最近では富士通フロンティアーズ絡みでは無い試合でも顔見知りのフロンターレサポーターの皆様の御顔を拝見する機会が増えています。

これは(等々力陸上競技場でいつも実践していることですが)「試合」は当然として「試合」周辺でも飲食やアトラクションを体験していただくことで楽しく過ごしてもらおうとする「フロンターレマインド」をしっかりと受け取っていただいているからかな、と嬉しい気持ちになります。

様々なスポーツで賑わう富士通スタジアム川崎ですが、現在は約2ヶ月間にわたって繰り広げられる国内アメフトの最高峰「Xリーグ」のレギュラーシーズンの真っ盛りです。

このまま11/26(日)の「SEMIFINAL」まで一気に突っ走ります。

12/18(月)「JAPAN X BOWL」@東京ドームで社会人日本一が決まり、そして年明け1/3(水)に学生チャンピオンとの日本一決定戦「ライスボウル」でシーズンは続きます。

ご承知の通り昨シーズンはフロンティアーズの日本一で幕を閉じましたが、今年はどのチームが日本一の座を掴むのでしょうか。

Xリーグの「見どころ」、「リーグ戦のレギュレーション」、「出場チーム」等に関しては、前回の「日記」に、独断と偏見も含めて詳しく書いています。

少し早いですが、この2カ月弱を振り返りつつ、今後のスケジュールも簡単にご紹介します。

まずは富士通スタジアム川崎PRイベント「アメフトーーク」。三年連続の開催となりました。

川崎フロンターレのホームゲーム7/29(土)明治安田生命J1リーグ第19節ジュビロ磐田戦の試合前、等々力陸上競技場横、フロンパーク内の児童遊園にフロンティアーズの選手とチアリーダー部フロンティアレッツ(この日はフロンタールズ)全員が集合しました。

フロンティアーズの等々力陸上競技場への登場は、3月5日(日)川崎フロンターレホーム開幕戦での優勝報告依頼 となりました。

フロンティアーズの選手達と身近に触れ合いながらアメフトの迫力、スピードを実感できるこのイベントも年々盛り上がりを増しており、すっかりフロンパークの名物イベントとなりました。今年も様々なアトラクションが行われ、多くの皆様に楽しんでいただきました。

話題となった始球式も含めて、その日の様子はこちらの「日記」に詳しく書かれているのでご覧ください。

この「日記」では詳しく触れられてないのですが、ハーフタイムの西城秀樹さんの「YMCAショー」にはキッズチア「フェアリーズ」が出演しました。

富士通スタジアム川崎で育った「フェアリーズ」の晴れ舞台は、我々富士通スタジアム川崎スタッフ達にとっては記念すべき出来事で、「フェアリーズ」立ち上げから関わっている担当スタッフのA君が、感激の涙を流していたことは言うまでもありません。

続いて8/22(火)、恒例となったXリーグ開幕直前企画「XリーグSuper9トークバトルin川崎ルフロン」。

より広く市民の皆様にXリーグを知っていただくための試みとして、富士通スタジアム川崎発案で始まったこの企画も、回数を重ねるごとにパアーアップ! Xリーグ開幕前に無くてはならないイベントとなりました。

当初は富士通スタジアム川崎敷地内の「かわQホール」で開催されましたが、より多くの市民の皆様と接点を持てるように、そしてアメフトに馴染みのない方でも楽しんでいただけるように、昨年からは、あえてオープンスペースである川崎駅前の「川崎ルフロン」階段前広場に移して開催しています。

Xリーグの上位9チーム(SUPER 9)の監督・ヘッドコーチが一同に会して舌戦を繰り広げるという貴重な機会に、観覧席は開演30分前に全て埋まりました。注目度の高さを物語っています。

コメンテーターにアメリカンフットボール解説、国内第一人者である輿亮さんを迎え、「リーグ戦のみどころ」「新チームの状況」「JXBトーナメントに向けた意気込み」等々、鋭く切り込みました。

特に盛り上がったのは昨年から採用された新大会方式(NFA式リーグ戦)に関する各ヘッドコーチ達の意見でした。大会方式を変えたことで「かつてはリーグ戦の終盤やプレーオフでしか実現することがなかった強豪同士の対戦が序盤から増え」、「試合前から勝敗がある程度予想できるカードが減り」、来場者を大いに沸かせたことは事実ですが、現場のヘッドコーチ達はどう思っているのでしょう。
意見を簡単にまとめますと「1試合毎に落ち込んでいる暇はない。直ぐに次の強豪との対戦がやってくる。」(IBMビッグブルー 山田HC)「毎試合が決勝のようなもの」(富士通フロンティアーズ 藤田HC)「やることは同じ」(ノジマ相模原ライズ 須永HC)「強豪との対戦が増えたことは成長出来る機会も増えたということ」(アサヒビールシルバースター 有馬HC)等々多くのヘッドコーチが大会方式変更を前向きに捉えていたのが印象的でした。

残念ながら仕事や都合で観覧出来なかったという方には…X League公式youtubeチャンネルでノーカット版を見ることができます。

どうぞご覧ください!

そして迎えた2017シーズンのXリーグ開幕!! 8/27(日)開幕第1節の2日目、いきなり優勝候補同士の対決が実現しました。観客席は溢れんばかり!! 現日本王者・富士通フロンティアーズが(装い新たに登場! 上下赤のユニフォームが眩しい!!)優勝候補の一角であるLIXILディアーズを30-0という予想をはるかに上回る大差の完封勝利で飾りました。

激しい戦いが行われているフィールドの外では、富士通スタジアム川崎の名物「川崎アメフト屋台村」が開催されました。

「川崎アメフト屋台村」は富士通スタジアム川崎に於いて10/15(日)「関東学生アメリカンフットボール連盟」の試合と11/26(日)の「SEMIFINAL」でも開催予定です。

川崎区の仲見世商店街の店舗直営の屋台達によるハイレベルな飲食の数々を体験してください。大満足間違いなしです!

アメリカンフットボールをご観戦されない方でも自由にご入場いただけるのですが…やっぱり試合は見てください!

またこの日は試合前に「フィールド開放イベント」と銘打ち「親子でアメフト!!キャッチボール」、現役チアリーダーが教える「チアリーディング教室」の体験会が有りました。

参加された親子は楽しいひと時を過ごされたことでしょう。この「フィールド開放イベント」は9/24(日)にも開催されます。前回同様に「親子でアメフト!!キャッチボール」、「チアリーディング体験教室」が開催されます。どちらも特典として参加者全員に「Xリーグオリジナルクリアファイル」をプレゼント!

お申し込みはこちらです。

9/10(日)は共に川崎市内に練習拠点を持つチーム同士の「川崎ダービー」、富士通フロンティアーズvsアサヒビールシルバースターが行われました。勿論、ふろん太も駆けつけました。

劇的な展開で富士通フロンティアーズ が 逆転勝ちを納めましたが、シルバースターの名門復活への息吹は今後のXリーグの展開を大きく左右することでしょう。試合前にはフロンティアーズの「ビッグフラッグ」が久しぶりに登場し、選手達を後押しました。

そして、この日のフロンティアーズのユニフォームは何とブラック! 川崎フロンターレが今年ブラックユニフォームを着用していることは、皆様、ご存知の通りですが、同じ年に同じくブラックユニフォームを着用するとは、やはり兄弟ですね。

前述の「「XリーグSuper9トークバトルin川崎ルフロン」の会場となった「川崎ルフロン」は川崎フロンターレのスポンサーでもあり、川崎フロンターレが指定管理者を務める富士通スタジアム川崎の「賑わい」に向けてこれまでも様々なイベントにご協力いただいております。

中でも「フィールドゴールチャレンジ」はXリーグの「名物イベント」に定着した感が有ります。

今リーグでも9/10(日)の2試合と9/17(日)開催の2試合において「フィールドゴールチャレンジ」の開催にご協力いただきました。

抽選で選ばれた挑戦者がセットしたボールをゴールに向けてキックし、キックが成功すれば、「川崎ルフロン」ご提供のお買物券3万円分がゲットできるというもの。大観衆が見つめる前でチャンスは2本!! 9/10(日)は残念ながら挑戦者2名とも成功せずキャリーオーバーとなりました。

6万円が持ち越され9万円からのスタートとなった9/17(日)の結果はこの「日記」が掲載される時点では出ているはずです…果たしてどうだったのやら…。

その他も「ルフ子エアートランポリン」や「アメフト行こうぜ!!抽選会」in川崎ルフロン等のお馴染みのコラボイベントが目白押しです。

富士通スタジアム川崎で「観て」「遊んで」、帰りは川崎ルフロンで「抽選会」そして「お買い物」といった具合に、施設の役目として観戦者が市内大型商業施設へ立ち寄るきっかけを作り、街の賑わいを創出する、という考えに沿っています。この考え方は「川崎アメフト屋台村」と「仲見世商店街」に於いても同様です。

これからも富士通スタジアム川崎では毎週ハイレベルなアメリカンフットボールの試合が続きます。

皆様、是非、一度、ご来場、ご観戦ください。そして観戦の後は川崎駅周辺で思いっきり遊んで行ってください!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h