CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

10/ 6 (日) 2019

カテゴリー:

2019多摩川”エコ”ラシコ

text by

ホームタウン担当

カテゴリー:

毎年、川崎フロンターレ選手会主催で行っている「2019多摩川”エコ”ラシコ」が今年も開催されました。
2008年から継続的に行われている活動で、今回は、ノボリ、ショウゴ、ヒデ、シンタロウ、アベちゃん、ユウ、ケンゴ、ホクト、ショウタ、アオの計10名の選手、サポーターと一緒に清掃活動を行いました。前日の雨予報で開催が危ぶまれましたが、当日は快晴に恵まれました。
活動開始前に開会式を実施。選手会を代表してアオの挨拶、国土交通省 京浜河川事務所、中原生活環境事業所と「とどろき水辺の楽校」の各関係者のみなさんからご挨拶をいただき、エコラシコ恒例のラジオ体操をし、清掃活動に向かいました。

選手たちは2チームに分かれて、川岸エリアとグラウンド周辺を清掃する2チームに分かれました。
特にゴミがひどかったのが、グラウンド周辺。リヤカー、ベッド、自転車などなど本当に多くのごみがありました。そんなゴミの山も集まっていただいたサポーターのみなさんのおかげで撤去することができ、綺麗になりました。

清掃後は各体験学習へ
今回も多摩川水生生物の観察に参加したのは、ケンゴとヒデの2名。
約50名の子どもたちと一緒にどんな生物が多摩川に生息しているのか、多摩川の水質はどうなのかを勉強しました。2つのグループに分かれてスタート。ケンゴの班は水生生物の観察。カニや魚、多摩川産のうなぎ!?など数多くの水生生物が多摩川に生息していることにびっくりしていました。
実際に網で水生生物をすくって、触ってどんな生物なのかを感じることができました!
続いて、ヒデの班は多摩川の水質調査の体験に。多摩川の水に薬品をとかし、どのくらい水がよごれているのかを確認しました。また水に牛乳1滴をたらし、牛乳1滴で水がどのくらい汚れるのかを体験しました。体験した子どもたちは、「こんなに汚くなるの!?」と驚いた様子で体験学習をしていました。
子どもたちや選手ともに多摩川の豊かな生態系を実感し、充実した表情をしていました!

ごみ分別体験チームでは、中原生活環境事業所の指導のもと、ショウゴとアベちゃんとともに実際のゴミ収集車に模擬ゴミを投入し、ゴミ収集車のお仕事体験をしました。普段あまり見ることができないので、皆さん興味津々!
また、今回は中原生活環境事業所さんが手作りのアトラクションを用意いただきました。
その名も「ごみ分別キックターゲット」。「ごみ分別」についてのお題を引いて、その答えの的を射抜くといった素晴らしいアトラクションです。
お手本ということでショウゴとアベちゃんもチャレンジしましたが、ともに的を射抜くことができませんでした(笑)このアトラクションは参加者の皆さんの方が得意だったようです!
最後にアベちゃんが「このブースが一番盛り上がってる」とコメント。選手達も楽しめた様子でした!

多摩川クイズ大会コーナーではユウ、ショウタ、アオの3名が司会として参加してくれました!
選手が実際に履いていたスパイクや選手サイン入りのボール、Tシャツなど豪華景品を賭けて、多摩川に関するクイズとフロンパークでお馴染みの色当てクイズに挑戦していただきました。 当日参加制のため始まる前からステージ前には人がびっしり。ワクワクで動いてないと体が落ち着かないみなさんを見て、ここは野外ライブかなと錯覚してしまいそうなほど(笑)
正解を考えることで、実際に勉強になるという多摩川に関するクイズ。毎年この活動に参加されているサポーターも多かったためか。ほとんどのサポーターが全問正解。結局、最後はユウの「サッカーを始めたときの最初の背番号」やショウタの「サッカーを始めたときの最初のポジション」やアオの「この3人で一番ゴルフが上手いのは誰か」など、事前情報なしの問題で決着をつけ、非常に盛り上がりました! ちなみに正解はユウの問題が14、ショータの問題がCB、アオの問題は俺! とのこと(笑)でした!
沢山のご参加ありがとうございました!

そして、今年の一番の目玉だったのが、ペットボトルいかだづくり体験。このペットボトル9/4(水)ルヴァンカップ名古屋戦の時に出されたペットボトルから、空のペットボトル20,000本の中から集めて作ったいかだなんです!
なにやらサーファーのような格好で登場した参加選手は、ノボリ、シンタロウ。そしてホクト。最初は不安定で中々苦戦をしていた選手でしたが、すぐに慣れてきたようで、参加者と一緒に楽しんでいましたよ。
人数の関係で、最後一人で乗って下ってきたのはなんと車屋選手! 普段見られない貴重な光景で、注目を集めていました。
非常に大盛況でペットボトルいかだ体験は終了しました。

写真を見てご覧いただいた通り、選手はもちろん多くのサポーターのみなさんにも清掃活動に協力していただき、多摩川をきれいにすることができました。ぜひ、また来年も選手と一緒に継続して多摩川をきれいにしていきましょう。ご参加いただいた皆さん、そして、とどろき水辺の学校をはじめとする関係者のみなさん、お疲れ様でした。本当にありがとうございました!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2019-10

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ