CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • アンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 株式会社松尾工務店
  • PwCコンサルティング合同会社
  • 株式会社富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 川崎信用金庫 100周年
  • ホーム
  • F-SPOT
  • ピックアッププレイヤー 2016-vol.16 / 森本貴幸選手

KAWASAKI FRONTALE FAN ZONEF-SPOT

prev

SEASON 2016 / 
vol.16

next

Morimoto,Takayuki

ゴールで道は開ける

FW9/Morimoto,Takayuki

テキスト/いしかわ ごう 写真:大堀 優(オフィシャル)

text by Ishikawa,Go photo by Ohori,Suguru (Official)

 2016年10月29日。
県立カシマサッカースタジアムで行われた2ndステージ第17節。

 チャンピオンシップの前哨戦とも言われた、鹿島アントラーズとの一戦。森本貴幸は、負傷した小林悠に代わって、前半37分から試合のピッチに立っていた。

「鹿島のプレスが激しくて、前に押し込めるチャンスがあまりなかったですね。ヨシトさん(大久保嘉人)が引いていたので、自分が前で張ることが多くなると思っていましたが、難しい試合でした」

 その言葉通り、形勢は苦しかった。
序盤から防戦一方で進み、後半になっても劣勢を巻き返せない。GK新井章太を中心とした守備陣の踏ん張りでスコアレスのまま耐え続けていたが、前線にいる自分までボールが運ばれてこない。そんな状況下でも、森本は得点の機会をじっと狙い続けていた。

 そして65分、一瞬のチャンスが巡ってくる。
大久保が中盤でゲームメークすると、中村憲剛、田坂祐介とパスがつながり、ボールはセンターバックの谷口彰悟へ。右サイドを駆け上がっていたエウシーニョに鋭いパスを通すと、そこから決定機が生まれたのだ。エウシーニョの狙いすましたシュートを鹿島GK・曽ヶ端準が弾くと、その場所には、まるで先回りしていたかのように森本がいた。もちろん、こぼれ球に対する読みを効かせたポジショニングによるものだ。

「エウソンはあのモーションでもクロスをあげたりするので、最初はDFの前に入ろうと思ったんです。でも完全にシュートだと思ったので、後ろで止まりました。だいたいファー(サイド)に打つので、この辺にボールがこぼれるだろうと予想していました。だから、偶然ではないですね」

こぼれ球をゴールネットに流し込む作業を終えると、ベンチにいた小林悠の元に駆け寄って、歓喜の輪を作っている。

「悠くんがああいう形で交代になったので、しっかり勝って気持ち良く支えたかった。悔しさがあっただろうし、悠くんの分までという思いがありました」

 この虎の子の1点を守り切り、1-0で辛勝した。自身にとって、リーグ戦では1stステージ第2節湘南ベルマーレ戦以来となる得点でもあった。久しぶりのゴールの味とその意味を、森本はこんな風に噛み締めている。

「試合中はいろんな考えを張り巡らせているので、ゴールで報われる瞬間が一番気持ち良いです。ゴールを決めると、自分がやってきたことに対する自信になるし、確信が深まります。ゴールすることで試合に向けて準備してきたことが報われるし、それが正解だったと思えるんです」

 森本貴幸は生まれながらのストライカーである。そして、いつだってゴールで道を切り開いてきた。そんな彼のヒストリーを紹介していこう。

FW9/Morimoto,Takayuki

 1988年5月7日。
森本貴幸は神奈川県横浜市で産声をあげた。すぐに川崎市宮前区に引っ越し、そこで幼少期を過ごしている。そのため、川崎フロンターレのホームゲーム開催日にチームバスで等々力競技場に向かう道中では、どこか懐かしい感覚に襲われるという。

「地元なので(笑)。選手バスで等々力に行くまでに通る道が、小さい頃からずっと通っていた道のりなんですよ。『いつも歩いていた道を通ってJリーグの試合に向かうのか…』と思うと、不思議な感じがするんですよね」

 物心ついた頃には、父親や4歳年上の兄と近くの公園で一緒にボールを蹴っていた。7歳のとき、兄も通っていた津田山FCに入団。津田山FCは保護者を中心としたボランティアで支えられている町クラブで、川崎山脈としてフロンターレサポーターに愛された箕輪義信も、ここの出身者である。

 「どんな少年でしたか?」と森本に聞くと、「暴れてましたよ」と言って、はにかんだ。活発で、足も速くてスポーツ万能。背は高く、朝礼では常に列の一番後ろ。すでにJリーグも開幕しており、森本少年はサッカーに夢中だった。

 あるとき、サッカー好きな友達からヴェルディのセレクションがあることを知らされる。
難関で知られる名門クラブのセレクションには3ケタの人数が集まっていた。このとき受かったのはわずか4名。10歳の森本貴幸はその一人になった。当時の資料によれば、入団セレクションでの森本はボールテクニックは雑で、走るフォームも悪い…しかし、とにかくゴール数が多かった。その得点力が合格の要因になったようだ。ゴールで道を切り開いてきた森本のストーリーの始まりである。

 当時からヴェルディには小さくてテクニックがある子が多く集まっていので、自分がうまいとはまったく思わなかった。9番をつけていた森本に求められていたのは、ゴール前にきたチャンスを決める仕事だ。ボールを持っていないときの動きを意識しながら、毎日のように居残りでシュート練習を行ってフィニッシュワークを徹底的に磨いた。

 順調に成長を遂げていた森本少年だったが、小学6年生から中学1年生に上がった時期に、初めての壁にもぶつかっている。身長がグッと伸びた年代とも重なるのだが、身体が思うように動かなくなり、シュートも入らなくなったのだ。当時の菅澤大我監督(現熊本ユース監督)から受けた指導は「動き出しの技術」を向上させることだった。

「プルアウェイと言われる逃げる動きや、動き出しの角度ですね。『FWの動きはこうだ』というのを教わって、それを覚え始めたら、また点が取れるようになりました。ストライカーとして点を取るための技術は、このときに叩き込まれたと思います。中1の終わりぐらいですね」

 ヴェルディの下部組織といえば、トップからスクールまでが同じ施設でトレーニングできる環境も有名だ。トップチームを身近に感じられる機会も多く、例えば昼間はトップの選手が使っているトレーニングジムを、夜になれば下部組織が兼用していた。当時在籍していた元ブラジル代表・エジムンドが夜までジムに居残って黙々と筋トレに励んでいる姿を見たときの高揚感は、いまだに色褪せない。刺激を受けた森本少年はますますサッカーにのめり込んでいった。

 そして2004年の2月、まだ中学生だった森本の運命は大きく動き出していく。

ジュニアユースからユースへの昇格を控えていた時期に、トップチームを指揮をしていたアルディレス監督の意向でトップチームに帯同することになったのである。ユースを飛び越えて、いきなりトップの練習に参加することになったのは、異例中の異例である。ただ森本自身は、「自分としては冷静でしたね」と振り返っている。そして当時の思い出を聞くと、口から出てくるのはアルディレス監督に対する感謝の言葉だ。

「監督との出会いがよかったのだと思います。アルディレス監督じゃなかったら、自分を引き上げてくれなかった。普段は良いお父さんといった感じで、本当に良い出会いでした」

 サプライズは練習参加にとどまらなかった。
3月13日のJ1リーグ1stステージ開幕戦のジュビロ磐田戦の後半に、アルディレス監督は森本貴幸をピッチに送り込んだのである。15歳10ヶ月でのデビューは、当時の記録を大幅に塗り替えるJリーグ史上最年少出場となった。

 そして世間を驚かせたのは、このときに披露したプレーだった。
右サイドでボールを保持し、対面していた磐田のDF山西尊裕に数回のまたぎフェイントを繰り出すと、次の瞬間、ドリブルで相手を置き去りにしたのである。このプレーは森本の衝撃デビューを紹介するハイライト映像として全国ニュースで何度も流された。この有名なシーンを、懐かしそうな表情で振り返る。

「緊張はしなかったんですよ。やってやろうという気持ちでしたね。あと15歳でデビューしたので何かを映像で残したいという気持ちもあって、あのまたぎドリブルをしました。本当は30回ぐらい(またぎを)やろうかなと思っていました(笑)。でもあんなまたぎドリブルなんてそれまで一回もしたことがなかったんですよ。それに、あのプレーで和製ロナウドと言われるようになって困りましたね。自分のプレーは、全然ロナウドじゃないので」

 ゴール前のポジショニングで勝負する森本は、当時のストライカーで言えば、ブラジル代表・ロナウドよりもフランス代表・トレゼゲに近いタイプだった。しかしその風貌もあいまって、「和製ロナウド」、「怪物」というキャッチフレーズがついてしまったのだ。

「ドリブルで抜ける選手みたいなイメージになりましたからね。自分を知っている友達は、『あんなドリブルもできるんだ?』と褒めてくれていたんですけど、初めて試合を見に来た友達の友達は、『もっとドリブルで抜けるタイプだと思ってた』と漏らして帰っていったりしたらしくて…全然そういうタイプじゃないのに(苦笑)」

 15歳の怪物Jリーガーを世間が放っておくわけがなかった。
この日から森本を取り巻く周囲の環境は激変し、試合はもちろんのこと、ヴェルディの練習場にも森本の一挙手一投足に注目して報道陣が集結し始めた。15歳といえば、多くのサッカー少年が「サッカー選手になること」を夢や目標として捉えて、そこに向かっている時期だ。それを叶えてしまった森本は「Jリーグ最年少ゴール記録誕生」を期待されて、森本フィーバーが起きていた。

「毎日練習場に行くたびに、何十人も記者やカメラマンが来ていたので、ストレスでしたよ。静かに練習ができなかった。あのプレッシャーは異常でしたね」

 なおこの原稿の執筆中だった2016年11月5日、FC東京のU-18に所属している中学生・久保建英が、J3リーグで出場を果たしている。15歳5ヶ月1日での出場は、森本の持っていたJリーグ最年少記録を塗り替えることとなり、世間でも大きなニュースになった。

 3部リーグにあたるJ3出場と、1部リーグでの森本のJ1出場を同列として報じるか否かに関しては議論がわかれるところだろうが、驚くべきはメディアの注目度だ。いくつかの報道によれば、久保建英を目当てに、180を超えるメディアがスタジアムに押し寄せたという。これはJリーグのタイトルマッチで集まる規模だろう。あのときの森本フィーバーも、これに近い状況だったと思ってもらっていい。

 ちなみに当時の東京ヴェルディのメディア対応はというと、アルディレス監督の意向を汲んで、森本へのインタビューの単独取材はNGにしていた。練習後のコメントも、広報が報道陣から質問を受け付けた後に、それを森本本人とのヒアリングを通じて広報が報道陣に伝えるという、ワンクッション置いた手法で取材規制をしていた。そうした自身の経験を踏まえて、現在の久保建英を取り巻く環境に、森本はこんなコメントを残してくれている。

「僕のときは、まわりにいた大人たちが自分を守ってくれました。だから、変なやつにならなかった。久保選手に関しても、まわりの大人がしっかり守ってあげて欲しいですね。それは僕も思っています」

 一躍注目を集める15歳となった森本だが、当時はレギュラーではなく、あくまでスーパーサブ的な立ち位置だった。出場時間は限られており、試合中に巡ってくるチャンスもそれほどは多くない。おまけに対戦相手からすると、もしゴールを決められると、そのゴール映像はJリーグの歴史として残る可能性もある。もちろん、15歳の少年相手に失点するわけにはいかないというプロの意地もあったことだろう。ボールを持てば、相手からは徹底マークに合い、期待されている初ゴールはなかなか生まれなかった。あの時期、ゴールに対する不安はなかったのだろうか。

「それはなかったですね。いつかは必ず点は取れるだろうと思っていました。もちろん、プロは体が大きいし、スピードも速い。でも自分の中では、味方との呼吸が合えば、相手のレベルに関係なく点が取れるという感覚があったんです。だから、相手がどうこうじゃなくて、味方との呼吸があうかどうか。自分は裏を抜けて、スルーパスで点を取りたい。ただ裏ではなく、自分の足元にボールが出てくるのがヴェルディのトップチームのスタイルでした。裏はいつも狙っているけど、五分五分じゃ出してくれない。だから自分は、『もっと裏なんです』と訴えながら呼吸を合わせる感じでした」

 ノーゴールのまま、デビューから約2ヶ月が経とうとしていた。迎えた5月5日の1stステージ・ジェフ市原(当時)戦、Jリーグの歴史の変わる日が訪れた。奇しくも、自身の誕生日を二日後に控えた15歳最後の試合だった。

「16歳のゴールと15歳のゴールでは響きが違いますからね。『あー、16歳になってしまう。そのラストの試合だ』と思っていたのは覚えています。でも朝起きた瞬間に、『今日は点が取れる!』と思ったんですよ。なぜだかはわかりませんけど、『(出場時間が)5分でも3分でも、絶対に点が取れるな』。そう思っていました」

 その予感通りにゴールは生まれた。0-1でリードされる中、森本は77分に出場。味方の同点弾が生まれた後の86分の出来事だ。

「あのときは目があったんです、(小林)慶行さんと。『このへんだろ?』と目で合図してくれたので、『はい、そこです』という感じでした」

 小林慶行のサイドからのピンポイントクロスに森本が頭で飛び込むと、ゴールネットが揺れていた。15歳11ヶ月28日というJリーグ最年少ゴール誕生の瞬間だった。ゴールの後には、興奮のあまりゴール裏にいるサポーターへ駆け寄って喜びを爆発させている。

 試合後のアルディレス監督は「おとぎ話のような1日でした」と試合を振り返った。そしてこの初ゴールにより、開幕から続いた森本フィーバーもようやく収束となった。

 余談だが、アルディレス時代の東京ヴェルディといえば、実に魅力的なサッカーをするチームだった。林健太郎、小林大悟、小林慶行といった技巧派が繊細なパス回しを繰り出し、山田卓也、平野孝、相馬崇人といった個性の強いサイドプレイヤーが、そのパスワークに様々なアクセントを加えていく。2004年シーズンには天皇杯を制覇しているが、その遊び心に満ちた試合中のプレーの数々は、まるでサッカーの楽しさを表現しようとしているかのようだった。

 そしてそんな中盤からのパスを受け取っていた森本は、「フロンターレと似ていますね…うん、すごく似てます。出し手のセンスもそうだし、このへんにこういうボールがくるなとか…」と当時のヴェルディとその思いを重ねていた。両者が奏でるサッカーのリズムには、森本にそう感じさせる匂いが何かあるのかもしれないと思うと、なんとも興味深い証言だ。

 森本貴幸にとってデビューイヤーとなった2004年シーズンは、22試合に出場し4得点を記録。その年にはJリーグ最優秀新人賞も受賞している。

 チームは2005年元旦には天皇杯を制覇し、オフには元ブラジル代表のストライカー・ワシントンや元・日本代表MFの戸田和幸を補強。さらなる飛躍を誓っていた。しかし優勝候補にも挙げられていたチームは、歯車がかみ合わず、最後まで低迷。結局、名門クラブのJ2降格という憂き目にあってしまう。この2年目のシーズンは森本自身も怪我で苦しみ、プレーできない悔しさばかりが残っている。

「自分も足首を捻挫したりと、小さい怪我が多かったです。2005年の終盤には中足骨を折ってリハビリをしてました。でも、まさか落ちるとは思わなかったです」

 2006年から舞台はJ2リーグになった。
監督はクラブのレジェンド・ラモス瑠偉である。ただ森本はリハビリ期間が長く、復帰したのは夏に差し掛かった時期だった。そしてその夏に、イタリアのセリアAに昇格したカターニャからオファーが届いた。セリアAは自分がずっとテレビで見ていたので海外リーグでもある。迷いはなかった。海外での挑戦を決断すると、クラブ側も意思を尊重してくれた。

 こうして森本は、18歳でイタリアへと渡った。
最初の半年間は、練習をトップチームと一緒にやりながら、ユースでのリーグ戦に出場するというサイクルで過ごしている。セリエAに在籍するだけあって、トップチームの練習は激しくて強い。そして週末になれば、チームの車に揺られて、ユースメンバーと試合しにいく。同年代の選手と過ごす日々が良い思い出だったという。

「自分はユース時代を経験していないから、すごく楽しかったですね。当時のカターニャのユースは最強チームで、とにかく強かった。上手い選手もたくさんいて、良いパスも出てきました。俊さん(中村俊輔)やヤナギさん(柳沢敦)が、なかなかチームメートからパスをもらえなかったという記事を読んでいて、最初はそうなのかなと思っていました。でも僕の場合はそういう感じではなかった。チームのメンバーに、すごくかわいがってもらいました」

 ユースでゴールを量産すると、2007年の年明けにはトップチームでの出場機会が巡ってきた。
1月29日には、アタランタ戦の後半39分から初出場すると、その4分後に初ゴールを決めている。これは出場・得点ともに、セリエAでの日本人最年少記録でもある。カルチョの国ではゴールを決めると、周囲からの評価や待遇も一変した。

 ピッチ外の生活に目を移すと、海外組が必ずと言っていいほど直面する環境への適応や、チームメートとのコミュニケーションに関する苦労とも無縁だったというのが面白い。

「それは、自分の年齢もあったかもしれないですね。18歳でイタリアに来たから、まわりも同情してくれていたんじゃないですか(笑)。俺らが助けてやらないとだめなんじゃないか、と思われていたんだと思います…たぶんですけど。ご飯にも誘ってくれたし、車で送り迎えもしてくれて、みんなすごく良い人でした」

 もちろん、そこは森本のキャラクターによるところもあるのだろう。例えば、チームメートから教えられた下ネタを、みんなの前で叫ぶなんてのは朝飯前だった。

「いろいろやりましたよ。イタリア語の下ネタを大きい声で言えと言われて、それをよく言ってましたね。まわりが『お前、最高だよ!』って爆笑してました。相当にイジられてましたね。でも溶け込もうという気持ちで行ったので苦じゃなかったです。居心地も良かった」

 彼はそうあっけらかんと語るが、これだけイタリアに馴染むのが早かったのは、その性格に加えて覚悟も大きかったに違いない。実はカターニャ移籍を後押してくれた東京ヴェルディの強化部の人物からは、移籍前にこんなアドバイスをもらっていたという。

「何年かやってみてダメでも、日本に帰ってこれるからいいや。そういう気持ちでは絶対に活躍できないと言われました。『行くなら、イタリア人になるつもりで行ってこい』と。本当にそうだと思ったし、海外に行くなら、その土地の人間になろうと思いました」

 イタリアでは約7年プレーした。セリエA通算104試合出場、19得点という実績は、海外に渡ったストライカーとしては十分なものだ。順風満帆ではなかったが、苦境に立ったときは、いつだってゴールで取り巻いていた状況を打破してきた自負もある。

 例えば自身のキャリアで嬉しかった試合に、森本は2008年12月のカターニャ対ローマ戦をあげている。当時20歳。試合に出たかったものの、当時のカターニャはFWの層が厚く、出場機会が巡ってこない状況だった。そこで1月から移籍のウィンドウが開くため、年明けからはセリエBのチームにレンタル移籍で行くことがほぼ決まりかけていた。

 そういう状態で迎えたローマ戦。なぜかその週の練習は身体が切れていて、調子を見抜いた監督が起用してくれた。そこで見事にゴールを決めて、試合も3対2で勝利。すると、その後はスタメンとして定着することとなった。もしあの試合でゴールを奪えていなかったら、自分はセリエBのチームに移籍していたのである。ストライカーにとってのゴールは、自分の立場を一変させてくれるものでもあるとあらためて痛感した。

 ゴールに対するこだわりも、イタリアでより強くなった。
チームにはジョナタ・スピネージという、森本曰く「ペナルティエリアの中で仕事をする点取り屋。古き良き9番というタイプ」というストライカーが在籍していた。その彼からは、ある試合後、こんなことを言われたのだという。

 「彼が膝を怪我をしてリハビリしていて、自分が試合に出てPKを取った場面があったんです。チームのキッカーは事前に決められているので、チームメートが蹴って決めました。でも次の日に、そのシーンを見ていたスピネージが、『なんでお前がPKを蹴らないんだ?』とロッカーで言ってきたんです。自分は『キッカーが決まっていたので』と答えたのですが、『それはFWじゃないよ。俺たちは数字だろ?何試合出て、何点取ったかが大事なのであって、シーズン終わった後に、PKを何回蹴ったかなんて誰も気にしない。何点取ったかが大事なんだ。あれでも1点は1点なんだ!』と言われて…ゴールへの欲、執着心を教わりましたね」

 2010年には南アフリカW杯の日本代表メンバーにも選出されている。
当時22歳。W杯で点を取って活躍し、海外のビッグクラブに移籍したいという野望があったが、出場機会は巡ってこなかった。でも、ベスト16まで進んだチームを包んでいた一体感は、得難い経験だったという。

「試合に出れなくて悔しい思いはしました。でもチームが勝ち進んでくれて、試合に出ているメンバーを支えようという気持ちが出ました。それはサッカーをやっていて初めての感覚でした。チームのために何ができるか。それを考えた。試合に出ていなくても力になりたい。そういう不思議な体験をしましたね、南アフリカは、自分の中ではすごく良い思い出です」

 2013年の夏には日本に復帰。J2リーグのジェフ千葉で2015年までを過ごすと、2016年にはJ1の川崎フロンターレからオファーが届いた。迷いはなかった。

「うれしかったですね。自分の育った街なので、そこでサッカーができるのは喜ばしいことでした。即決でしたね。それに嘉人さん、悠くんのプレーや点の取り方から、どういう練習をしているんだろう?という興味もありました。それを近くで見てみたい。そういう思いがありました」

 実際に入ってみると、フロンターレの選手の技術の高さに驚かされた。キャンプが始まると、風間監督から今まで言われたことのない指導を受けて、そこについていくことに必死だったという。

「例えば、『フリーの定義』ですよね。相手のマークが付いていてもフリーなんだよ、とかそういう話が面白かったです」

 「フリーの定義」とはどういうことか。一般的に、相手のマークを振り切りスペースのある場所に走って、受け手がボールをコントロールできる状態であることを「フリー」と定義していることが多い。

 しかし風間監督のもとで行っているサッカーでは、たとえ狭いエリアや、相手ディフェンダーを背負っていた状態であっても、受け手がトラップできる位置にパスを正確につけることができるのであれば、それは「フリーな状態」なのである。少なくとも、試合に出ている選手たちの間では、そういう相互理解のもとでプレーが行われている。そのため新加入選手は、そこの認識に関するギャップを1日でも早く埋めなくては、試合に絡めないのである。

 ストライカーの森本は、ゴール前で動き出すのタイミングも風間監督に細かく指導された。

「自分は裏に出ることで得点を取るタイプですが、練習試合でもオフサイドが多かったんです。それでも点は取っていたのですが、『動き出すのが早い。もっと最後まで味方の様子を見ろ』と言われました。あとは場所を使わないでボールを受けることや、相手の視線をズラして、フリーになる動きをトレーニングでやりました。とにかく頭がすごく疲れていた覚えがあります。特に春先の練習やキャンプの後は、飯を食べたら、本当にすぐに寝てしまいました」

 シーズンが開幕すると、1stステージ第2節湘南ベルマーレ戦で移籍後初ゴールを記録。ゴールという結果を出しながら、少しずつチームのスタイルにも馴染み始めていた。しかし4月の練習中、思いっ切って踏み込んだ時に、膝に痛みが走った。トレーニングを切り上げ、川崎市内の病院で精密検査を行った結果、「左膝外側半月板損傷」と診断された。

「検査してみて、膝の中がどういう状況なのかを確認して、手術するのかしないのか。できるなら手術はしたくなかったですが、手術するなら悪い部分を取り除いて、すっきりとサッカーできる状態になりたかった。手術したら、次の日からリハビリをして最高のトレーニングをして戻ってこようと思いました」

 復帰までは4ヶ月程度を要することとなり、公式戦に復帰したのは9月だった。シーズンはすでに終盤に差し掛かっている。天皇杯3回戦・ジェフ千葉戦、2ndステージ第17節鹿島戦とゴールを決めているが、もちろん、満足できたシーズンとは言い難い。

「もっともっとやらないといけないと思っています。納得していない」

 すでにリーグ戦の日程は終了したが、チームにはまだチャンピオンシップも残っている。

それは、ゴールで道を切り開いてきた川崎育ちのストライカー・森本貴幸にとって、これ以上ない大仕事をするチャンスでもあるに違いない。

   

profile
[もりもと・たかゆき]

ジェフユナイテッド千葉から完全移籍で加入したFW。弱冠15歳でJリーグデビューを果たし、同年Jリーグ最優秀新人賞を獲得。若くしてイタリア・セリエAでプレーし、2010ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表メンバーに選出された。抜群の瞬発力と得点感覚を持った地元川崎市出身の未完の大器が、フロンターレのユニフォームをまとい等々力のピッチに立つ。

1988年5月7日/神奈川県
川崎市生まれ
ニックネーム:モリ

>プロフィールページへ

PAGE TOP

サイトマップ