CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/28 (水) 2009

カテゴリー:

キャンプレポ

text by

オフィシャルライター 麻生広郷

カテゴリー:

今年も宮崎県綾町での第1次キャンプがはじまりました。

麻生グラウンドで1週間トレーニングを行ってのキャンプインだけあって、この時期にしては選手の体のキレが良さそうです。とくに目立つのが若手選手の元気の良さ。午前練習でのボールを使っての実戦形式でのトレーニングでは、関塚監督や高畠ヘッドコーチの指示に耳を傾けながら、先輩たちに遠慮することなく積極的にボールに絡んでいます。今年は試合数も多く、若手選手にとってはチャンスのシーズン。どんどんアピールしてレギュラーポジションを脅かす存在になってほしいものです。

一方、主力選手たちはコンディションにばらつきはあるものの、体を動かして自分自身の状態を確かめながら、長いシーズンを怪我なく戦うための体作りに励んでいます。午後練習では走り込みや器具を使ったトレーニング。さらに夕食後には各自フィジカルトレーニングでアップさせたい部分を補強と、入念に体を仕上げていきます。

「綾町の宿舎には毎年お世話になっていますが、環境がよくて食事もおいしい。温泉もあるし、最高ですね。個人的なコンディションはまだまだですけど、これからしっかりトレーニングを積んで上げていきます」(伊藤宏樹)

また、ブラジル人選手たちも体の調子を確かめながら調整中。
7年目のジュニーニョは日本での調整はお手の物なので、たまーにさぼっているように見えても!? まあ心配ないでしょう(笑)。また去年シーズン途中から加わったヴィトールとレナチーニョの2人は、当然宮崎キャンプは初。シーズンスタートからチームと合わせて練習できるので、今年はさらに活躍してくれること間違いなしです。
3人ともこれからコンディションを上げていく状態ですが、シーズンがスタートすればさらに深まったコンビネーションプレーでスタンドを沸かせてくれることでしょう。

ともあれ開幕前のキャンプは選手、コーチ陣、スタッフが一緒に生活することでチームの結束力を高めるコミュニケーションの場でもあります。新戦力が加わり、新たなスタートを切った2009年のフロンターレ。
開幕まであと1ヶ月少し。今年も期待できそうです。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ