CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

3/18 (水) 2009

カテゴリー:

いよいよ

text by

オフィシャルライター 麻生広郷

カテゴリー:

いよいよ試合当日を迎えました。選手たちは午前中ゆっくりと過ごし、本番に向けて集中力を高めていきます。

ちなみにテレビのスポーツチャンネルではKリーグのダイジェストが放映されていて、今年から韓国の江原FCに移籍した大橋選手がPKを左ポストに当てて外してしまいましたが、終盤ゴール前で決勝点となるアシストを決め、アウェイでFCソウルから白星を挙げました。大橋選手も新天地でがんばっているようです。フロンターレの選手も負けていられませんね。

テレビでKリーグの試合を観ていると、球際で粘り強く食らいついてボールを奪い、手数をかけずに前に速い攻撃をしかけるチームが多いようです。かといってFWだけで攻撃するのではなく、両サイドの選手がおもいきって上がり厚みのある攻撃を繰り出してきます。J1に復帰した頃のフロンターレのサッカーに少し似ているかもしれません。ただ、守勢に回ったときには意外ともろいので、ポイントになる選手を徹底して抑え込んで相手に勢いを出させないことが、韓国のチームに勝つための重要なファクターになりそうです。

浦項は3バックの守備をベースにブラジル人選手のデニルソンとブラジリアを中心に速い攻撃をしかけてくるチーム。マケドニア代表の長身FWステボというターゲットマンもいます。「前線のブラジル人2人の突破力と、サイドにボールを振ったときの両サイドの上がり。そこから入ってくるクロスボールを中の選手が合わせる。これがひとつのスタイルだと思います」と、関塚監督も浦項の攻撃力を警戒していました。

ACLに出場してくるチームですから、手強い相手なのは間違いありません。展開によっては我慢を強いられる試合になるかもしれないでしょう。でも、そこで粘りきれば必ず得点チャンスがくるはずです。

選手たちの頑張りに期待しましょう!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ