CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通Japan
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

6/ 2 (火) 2009

カテゴリー:

まだまだ続きます

text by

オフィシャルライター 麻生広郷

カテゴリー:

北海道七飯町キャンプも4日目。

この日は晴れたり曇ったり、急に雨が降り出したりとはっきりしない天気でしたが、練習時間はちょうどいい具合に天候に恵まれました。ただ、晴れたら晴れたで虫が大量発生して大変です。動いていれば気にならないのですが、座って休んでいるとすぐに大量の蚊がまとわりついてきます。虫除けスプレーは欠かせません。

さて、この時期は選手の疲労がピークにくるようで、午前中のサーキットトレーニングはかなりきつそうな様子でした。かといって手を抜く選手は誰もいませんでしたけどね。午後からは対人プレーを重点に置いたトレーニング。1対1から2対2、2対2から3対3。3対3から6対6と、局面や枚数が目まぐるしく変わるなかで個々のスキルや切り替え、そして瞬時の判断力を養います。

プレーが切れた瞬間に攻守が入れ替わるので、一瞬たりとも気が抜けません。少しでも気を抜くと罰ゲームのシャトルランが待っています。判定員はセキさん、ツトさん、里内さん、エジソン。フォローが遅れると「罰ゲーム!」と声が飛びます。ちなみに最初に罰ゲームを命じられてしまったのはレナチーニョ。ボールを奪われた瞬間、守備に戻らなかったことを指摘され、本人も苦笑い。ピッチの横で走らされていました。これは実戦でも非常に役立ちそうな練習ですね。

1対1がベースのトレーニングなので、選手たちもじょじょに白熱してきます。迫力のある攻防に見学していた地元の子供たちも「すげぇー!」と驚きの声をあげていました。かといって熱くなりすぎると、ファールになってしまいます。すると、セキさんがおもむろにポケットに手を入れ、イエローカードを提示。そんな小物まで用意していたんですか、セキさん。芸が細かいです。

そして締めはクロスからのシュート練習。朝からみっちりトレーニングを積んでいるにも関わらず、みんな最後まで集中してしっかりシュートを決め、この日のメニューをすべてこなしました。改めて選手の体力のすごさを感じます。こういった日々の積み重ねがあるからこそ、本番のピッチでも力を発揮できるんですね。

キャンプは残り4日、さらにスケールアップして等々力に帰ってきてください!

P.S.
オフィシャル携帯サイト「モバイルフロンターレ」では現地スタッフからのキャンプ情報を独自の視点で掲載中!!「クラブハウスだより」をご覧ください!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ