CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/26 (水) 2011

カテゴリー:

3日目

text by

オフィシャルライター 麻生広郷

カテゴリー:

今日も晴天に恵まれた綾町キャンプ3日目。午前中は軽いランニングからボール回し中心のトレーニング。1対3、コートを移動しながらの3対5などのパスゲームが行われました。

ボールを出した後も動きを止めないという意識づけも、選手の体に染みついてきているようです。今日からシュート練習が入ってきており、トレーニングの強度も段階を踏んでステップアップしています。

午後はオリジナルのサーキットトレーニング。約40秒間かかるメニューを6本×2=12本。矢野フィジカルコーチの説明によると、乳酸がたまった状態でボールを奪うまでの20秒間、そこから攻撃に移る20秒間をイメージしたハードなトレーニング。最後のダッシュで少しでもスピードを緩めると、相馬監督が併走してプレッシャーをかけます。しかもダッシュが速い。一緒になって動けるのは若い監督ならではです。

ところで、昨日の日韓戦は劇的な展開でしたね。PK戦の末、日本が勝利!川島選手のセーブが光りました。フロンターレのGK陣もいい刺激を受けたのではないでしょうか。

「エイジの1本目のセーブ、あれで決まりましたね」
と、昨日の試合の感想を話してくれた相澤選手。綾町キャンプについては、

「GK陣のなかでもいいプレーが出たらお互いに声をかけ合うし、いい雰囲気でやれていますよ。これからじょじょに疲労感も出てくるかもしれないですけど、今年は麻生グラウンドでしっかりやってから来てますからね。体も慣れてきたし、フィールドの選手は監督が代わって新鮮だと思います」

と話してくれました。若い選手が増え、チーム内で年長者のグループに入ってきた相澤選手。自然とチームを引っ張っていこうという意識になってきているようです。

また杉山選手にキャンプの話を聞くと、
「例年は始動してすぐキャンプインなんですけど、今年は麻生Gで練習してから綾町に来ているので、強度的にはハードですけどそこまで反動はきてないです。今年は新しい選手やスタッフが多いですけどコミュニケーションがとれているし、いい雰囲気ですよ。GKは同じメンツでイッカのやり方やメニュも変わらないですけど、これまでの積み重ねに加えてよりレベルアップしていきたいです」

という答えが返ってきました。怪我に泣かされた時期もあった杉山選手ですが、今年でプロ6年目。2011年は勝負の年という意気込みが伝わってきます。

また安藤選手は、
「みっちりやっていますよ。麻生Gでやってきたぶんコンディションもいいですし。こちらでは毎日二部練習ですけど、きつさとしては去年ほどではないです。まだ筋肉痛もきてないですし。今年のテーマは、すべてにおいて前進すること。ジャンプアップするんじゃなくて、足元を固めて地道に一段ずつ階段を上っていきたいと思います」

と新シーズンの決意を語ってくれました。今年はロンドン五輪の予選がスタートします。U-22日本代表からも目が離せません。

相馬監督が就任し、どのポジションもレギュラー争いは横一線。GKも例外ではありません。イッカGKコーチのもと、切磋琢磨しながらレベルアップしてもらいたいですね。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ