FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/27 (月) 2014

カテゴリー:

7日目

text by

広報G

カテゴリー:

キャンプ7日目は綾町との交流をテーマに様々な取り組みが行われたので、その紹介をしたいと思います。

5日目の午後練習後には、風間監督をはじめコーチングスタッフによる地元の小中学生を対象としたサッカー教室が行われました。

40人ほどの小中学生に対して、「優しくボールを止める」「強くボールを蹴る」とトップチーム同様に風間監督らしい言葉でこどもたちの指導にあたります。その中でも「音がしないようにトラップしてみよう。どうすればいいかと言えば、優しくボールを触ること。それが優しくボールを止めることにつながるから」と話していたのが印象的でした。小学生から中学生まで全員がプロサッカーチームのコーチ陣から指導を受けられるということで、一つひとつの言葉を真剣に聞き、そして楽しくボールを蹴っていました。

約40分ほどのサッカー教室でしたが、「短い時間だったけど、みんな本当にうまくなった。これからもっともっとうまくなるよ。そして将来サッカー選手になろうよ」と子どもたちに言葉を送った風間監督。最後は子どもたちと記念撮影した後、プレゼントを渡してサッカー教室は終了となりました。


続いて翌日の6日目の夜には毎年恒例となっている綾町の役場の方々や地元のサッカー少年団の子どもたちの交流会です。疲れた中でもこの日ばかりはおいしいお肉をいただき、元気いっぱいの子どもたちからサイン攻めにあうなど、リラックスした雰囲気の中で行われていました。

「今年もここで合宿をできることをうれしく思っています。そして、いつも心からのおもてなしと声援をいただきありがとうございます。合宿も順調に進み、ピッチの状態、天候、そして食事とすべての面で我々は助かっていますし、集中してできています。ここをスタートとして、今年はACL、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯とすべての大会で我々らしいサッカーをしてしっかり結果を残したいと思います。今日はこんなにおいしそうなお肉をいただき、選手たちも明日からまた厳しい練習が待っていると思うので、このお肉をしっかり食べてください」と風間監督が挨拶をしたあとは、おいしい焼肉をいただきました。

そんな交流会の途中に突然子どもたちから「ハッピバースデー♪」の歌が聞こえてきました。そうです!1月26日は今年からチームに加わったパウリーニョの誕生日ということで、みんなでお祝いをしました!!これにはパウリーニョも「アリガトウゴザイマシタ!!」と日本語で子どもたちにお礼を言っていましたよ。

最後はチームを代表して、昨年のリーグ得点王を獲得したヨシトが「本日は本当においしいお肉をいただき、ありがとうございます。今年は昨年以上の成績を残せるよう、そしてタイトルを獲れるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」と挨拶。さらに昨年得点王に輝いたヨシトには2年連続の得点王を目指して、宮崎牛のサプライズプレゼントもあり、和やかな交流会は終了となりました。


そして最後は今年初めての取り組みとなった「アズーロ・ネロ 綾支店」。例年多くの見学者が訪れる土日限定で、アズーロ・ネロの出張販売が行われました。
「毎年来ているけど、グッズ販売は初めてですよね?」と多々聞かれることもあり、評判は上々。スタッフからは「綾の皆さんは本当に優しいし、地元・綾以外の九州在住のサポーターもたくさん来てくれて、想像以上の売上を記録しました!」と興奮気味に話をしてくれました。
この出張販売のおかげで、今年の綾町のグラウンドのまわりにはたくさんのフロンターレグッズを身につけた方々が多数みられました。中には2014年後援会会員に入会してくれた方も!!これも綾町の皆さんの温かさのおかげです。

残りの3日間なった綾町でのキャンプもどうぞよろしくお願いします!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h