FRONTALE DIARYフロンターレ日記

2/ 6 (木) 2014

カテゴリー:

2次キャンプスタート

text by

広報G

カテゴリー:

いよいよ昨日から宮崎での2次キャンプがスタートしました!!

一昨日は必勝祈願と商店街への挨拶回りを行いましたが、あまりにも寒かったため、選手たちが体調を崩していないか心配でしたが、全員元気に空港へと集合し、今年2度目の宮崎へと飛び立ちました。

宮崎へ到着すると、宿泊するホテルの皆さんにお出迎えをしていただき、歓迎セレモニーを開いてもらいました。今回、選手を代表して挨拶するのは、副キャプテンに任命されたマサキ。

「今年もまたここに戻ってこられたことをうれしく思っています。昨シーズンは3位という成績でしたが、もちろん満足はしていません。今年こそタイトルを獲れるように、宮崎のおいしいご飯を食べて、素晴らしい環境の中、しっかり練習をして、開幕からいいスタートがきれるように、いい準備をしていきたいと思います。短い期間ですが、よろしくお願いします!!」と堂々と挨拶。本人いわく「もうベテランだからね」と余裕の表情を見せてくれました。ホテルにはいたるところにバナーが設置してあり、ACL出場を祝うバナーもありましたよ。

その後は昼食をとり、午後からさっそくトレーニングを開始。グラウンドでも地元・幼稚園児の温かい歓迎セレモニーを開いていただき、花束と宮崎の特産物を風間監督とケンゴが受け取りました。そして毎年恒例の幼稚園児による「みやざきのおいしいごはんをたべて、れんしゅうがんばってください!!!」とカワイイ激励を受け、選手たちも気合い十分に。

この2次キャンプでは綾町での1次キャンプとは違い、実戦形式のメニューが中心となり、チームを仕上げていきます。風間監督は「一次キャンプはみんなしっかり集中してやってくれた。頭の中もだいぶ整理できたと思う。2次キャンプでは試合の準備。質の部分を一次キャンプの時よりもう一つ高めてほしい。種目ではなく内容の部分を意識して、自分たちの中にしかないものを90分間、戦える準備をここでしてほしい。それを選手一人ひとりが意識しよう。それがこの2次キャンプの目標」と選手たちに声をかけ、トレーニングを開始。

初日は移動なども考慮し、約1時間の軽めのメニューで終了となりました。

2次キャンプ2日目は、朝から冷たい雨が降る中でのトレーニングとなりました。それでも午前、午後ともにしっかりとボールを使ったトレーニングで明日行われる徳島との練習試合に向けて調整。

午前中はチーム全体で守備の確認、午後は攻撃の意識を高めるトレーニングで、合計3時間にも及ぶトレーニングを行いました。冷たい雨の中でも選手たちに細かく指示を出す姿が印象的の風間監督は「ここは準備の最終段階の場所」と話すように、2月26日のACL初戦に向けて準備に余念がありません。

新人研修で一時チームを離れていたカニとショウゴもしっかりトレーニングを行い、カニは「新人研修中もいちおう体を動かすことはしていたので、少し時間は空きましたが思っていたよりもすんなりチームの練習に入ることができました。でもゲームになるとどうなるかはわからないです。明日の練習試合はコンディション次第ですが、たくさんボールに触って攻撃の起点になれるようアピールしていきたいと思います」と話していました。

明日は今シーズン初のJクラブとの練習試合。チームとしての内容も大事ですが、開幕戦のピッチに立つ熾烈なメンバー争いも忘れてはいけません。ケガには十分気を付けながら1か月後には誰が活躍するのか、今から楽しみです!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h