FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年01月26日(月)の日記

tag: トレーニング

キャンプスタート!

text by 広報G

昨日から宮崎県綾町での1次キャンプをスタートさせました。

移動当日となった昨日はほとんどの選手が麻生グラウンドからチームバスに乗り込み、羽田空港へと移動。そのほかの選手も集合時間に合わせて無事に到着し、日本代表でチームを離れているユウ以外の全選手が宮崎へと出発しました!

宮崎へと移動したチームは、宮崎空港で歓迎セレモニーを開いていただきました。チームを代表して風間監督とケンゴが花束を受け取り、風間監督は「いつも我々を大歓迎していただきありがとうございます。いつも物凄くいい環境で、楽しくなおかつ厳しいトレーニングをして1年間を迎える、あるいは1年間を過ごすというスタートの場所です。我々は今から最善の準備をするべく、気を引き締めてやっていきたいと思います。ぜひ我々のサポートをよろしくお願いします」と話すように、駆けつけた綾町の前田町長をはじめ、多くの方々へ感謝の気持ちを伝える挨拶となりました。

その後はホテルへと移動し、ここでも温かい歓迎が待っていました。特にこの日は日曜日ということもあり、たくさんの方々に出迎えていただきました。ここではノボリが「たくさんの方に歓迎していただき、改めて期待を感じました。今回もまた、この場所に帰ってくることができ、大変うれしく思います。毎年ここに来ると、身が引き締まる思いです。今年のフロンターレは新しく10名の選手が加わりました。その10名の選手の力もプラスして今年こそは念願のタイトルを獲得したいと思います。その為に綾町の素晴らしい環境のもと、タイトルを獲得するための土台をつくっていきたいと思います。8日間、ご迷惑をかけることもあるかと思いますが…、厚いサポート、宜しくお願いします」と挨拶をしてくれました。

歓迎セレモニーを終えた選手たちは昼食と少しの休息を取ったあとは、さっそくグラウンドでのトレーニングに臨みました。

今年は麻生グラウンドで約1週間、トレーニングを積んできたこともあって、この1次キャンプでは川崎コーチのトレーニングに加え、ボールを使ったトレーニングも増えてきています。もちろん新加入選手もすでにチームに溶け込んでいる様子も見られ、ここからはどのようなチームに仕上がっていくか今から楽しみです。

さらにこのキャンプからケンゴがチームに合流!!さっそく話を聞いてみると、「ここまでは本当に順調。やっとここまで帰ってきたなという感じ。今年の新加入選手は人見知りをするタイプは多くないので、少しずつ馴染んできたと思う。」と話していました。

またケンゴと同い年で最年長のヨウヘイもチームに対して、「新しい選手も伸び伸びやってくれていると思うし、逆に入ったばかりのキャンプとは思えないほどのいい雰囲気でやれている。風間監督のサッカーに慣れるまでは時間がかかると思うけど、それぞれ持っている力はレベルが高いので、違和感なくプレーできているのかなと。だからまだ始まったばかりだけど、今は楽しみのほうが大きい。このキャンプでしっかり追い込んでいいキャンプにしたいね。」とここまでの手応えを話してくれました。

夜にはミーティングも行い、今シーズン戦っていく上でのチームとして考えなど映像を使いながら選手全員で確認しました。いよいよ始まった綾町での1次キャンプですが、モバフロ等で様々な情報を伝えていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h