CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

8/ 7 (日) 2005

カテゴリー:

スタッフの楽しみ

text by

広報部

カテゴリー:

今回のキャンプでは滞在しているホテルからグラウンドまでの距離は約11キロ。
通常、選手やスタッフはバスや車を使っての移動となりますが、毎日トレーニング後にランニングでホテルに戻るコーチングスタッフがいます。
今回のキャンプのランニングプランはグラウンドからホテルまでの大沼湖畔を走るロングコース(11キロ)とホテルの手前からホテルまでのショートコース(3キロ)の2プラン。

キャンプ初日から毎日ロングコースを走っているのは古川コーチ。
5日のトレーニングの後には、古川コーチ、エジソンコーチ、マルセロコーチ、エリオ通訳、アルベルト通訳が走って帰っていました。11キロというと気が遠くなりそうな距離ですが、約60分ぐらいで完走するとの事… でも練習後のランニングは相当キツイのでは。

今回撮った写真には残念ながらランニングのリーダーとも言うべき古川コーチがエジソンコーチの後ろに写ってしまいました。(マサさん、ごめんなさい…)

日頃の麻生グラウンドでもコーチングスタッフのランニング風景はよく見かけますが、ランニングについて、古川コーチは「トレーニングの中でしっかり汗はかいてはいるけど、毎日しっかり汗をかかないと気持ち悪いんだよね。後はGKコーチとしてやっていくために自分自身の体力アップを目指しているところが多いかな。Gkコーチは選手と共に体を動かすことが必要。体力がないと、選手と一緒にトレ−ニングできなし、選手も向上しない。僕自身も頑張らないと」と話してくれました。

他のコーチの中には「ホテルの食事が美味しくて、ついつい食べすぎてしまう。しっかりとカロリー消費をしないとね… 大変なことになってしまうよ」という意見も。

スタッフのランニングはこれからも続きそうですね。

※携帯サイトでもキャンプの様子をお知らせしますので、お楽しみに!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2017-10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ