フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2013年03月12日(火)の日記

tag: イベント

激励会

text by 広報部

2月23日(土)に麻生アシストクラブのメンバーによる監督・選手激励会が麻生グラウンドで開催されました。当日は2月にも関わらず、グラウンドには朝から陽射しが差し込み、絶好の日和の中での開催となりました。

麻生アシストクラブによる激励会は、毎年麻生区のホールに監督と数名の選手を招いて、麻生区民の方を対象に開催していましたが、今年はアシストクラブメンバーと選手との交流を深め、フロンターレをさらに盛り上げていこうという目的で、メンバー限定で開催しました。

激励会には、麻生アシストクラブの中島豪一会長や顧問の滝峠区長をはじめ、30名以上の方が参加しました。一方、チームからは風間監督以下、コーチ陣と全選手が参加。中島会長からは「シーズン終了後にここで優勝のお祝いをしたい」とのお言葉をいただき、滝峠麻生区長からは水色の必勝ダルマを風間監督に贈呈され、二人で必勝祈願の目を入れていただきました。


続いて、神奈川ブランドの「やまゆりポーク」20㎏が中村憲剛キャプテンに、花束が西部洋平・田中裕介両キャプテンに贈呈されました。風間監督からは「行ったことのない高みを目指して、秋にはみなさんと喜び合いたい」とお礼の挨拶をさせていただきました。

最後は参加した全員で記念撮影。短い時間でしたがアシストクラブの方と監督・コーチ・選手が交流でき、今シーズンへの士気を高めていました。ちなみに「やまゆりポーク」はその後、選手寮である「青玄寮」に届けられ、選手の食事として提供させていただいております。

グラウンドでの激励会の後はクラブハウスのミーティングルームに移動し、サポーターの皆さんから、試合中に歌う応援歌や拍手、ゴールが決まった時のタオルマフラーの振り方など、約40分に渡って指導を受けました。応援練習に参加した方からは「楽しかった」、「早くスタジアムで歌いたい」などの声が聞かれ、応援練習を楽しみました。

応援練習の後は、グラウンドの練習や青玄寮を見学して、午前中の短い時間でしたが、満喫していただきました。麻生アシストクラブの皆さん、ありがとうございました。今年も熱い応援、よろしくお願いします!

< 2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ