フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年01月20日(月)の日記

tag: トレーニング

始動

text by 広報G

1月20日、チーム全体でのトレーニングが始まりました。

この日は選手やコーチングスタッフだけではなく、朝から育成部や事業本部といった会社の各部署のスタッフが集まり、挨拶と顔合わせからスタート。

「国内3タイトル、アジア1タイトルのうち、少なくともひとつのタイトルを獲りたい。そして質の高い面白いサッカーを目指してもらいたい」という武田社長の挨拶からはじまり、新加入選手と新スタッフ、各部署の紹介へと進んでいきます。

新加入選手たちは初対面のクラブスタッフがほとんどということもあり表情は少し硬かったですが、アカデミーのU-12監督の佐原コーチの「リトルケンゴを育てられるようがんばります」との決意表明!?で少し場がなごみました。ケンゴ本人は苦笑いでしたが。

さらに事業部、後援会の紹介、挨拶の後、最後に風間監督が締めの挨拶。

「フロンターレにしかないサッカーを我々は示さなければいけない。とくに今年はACLもあるということで、アジアでも自分たちのサッカーを表現する、そして実力を示すチャンス。ここにいるみんながひとつのチームです。最後までチームを信じることでみんなでつながって、1年間がんばっていきましょう」

顔合わせを済ませた選手たちはクラブハウスでのトレーニングの後、グラウンドへ。

新加入選手を含め、ほとんどの選手が事前の合同トレーニングに参加していたので、全員がボールを止める、蹴るといった基本的なことを意識しながら、楽しそうな表情でボール回しやミニゲームに取り組んでいました。

フロンターレの2014年はまだはじまったばかり。チームは1月21日から30日まで宮崎県綾町で1次キャンプを行います。


「『技術、頭、体力』、この3つを細かく見て、選手たちにはより高い要求をして、チームを作っていきたい」(風間監督)

1次キャンプは1年間戦うための基礎づくり。これから怪我なく充実したキャンプを過ごしてもらいたいですね。

< 2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

2014年
サイトマップ

閉じる

このページのトップへ