FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2016年02月13日(土)の日記

tag: クラブ, トレーニング, 遠征

2次キャンプ最終日!

text by 広報G

10日間にも及ぶ沖縄キャンプも、最終日を迎えました。
昨日はここまでの疲労を考慮し、一部のメンバーのみトレーニングが行われました。

主に若い選手や新加入選手が中心となったトレーニングでしたが、全員が同じ考え、同じスピードでプレーできるように、一つ一つの質を高めようと、風間監督からも時折個別指導が入るなど、短い時間でしたが内容の濃いトレーニングが行われました。

そして翌日の最終日には、キャンプの総仕上げとして紅白戦を実施。
疲労の影響か、どの選手も体が重そうな印象でしたが、激しくボールを奪い合うシーンが多く見られました。
また、3試合の練習試合では見られなかった、新しいメンバーの組み合わせで行われるなど、20分×2本と短い時間でしたが、最後まで全員が集中してトレーニングを実施しました。

最後に風間監督からは「これで2次キャンプが終わったけれども、良いことも悪いこともすべて自分たちの収穫だと思う。これから一つずつ質をあげていくこと。全員がすごくいいトレーニングができたと思うし、努力をしたと思う。あとは麻生へ戻って、開幕戦に向けてしっかり調整していこう」と、キャンプを総括。

「1次キャンプ、2次キャンプとすごくいいトレーニングができたと思うので、出た収穫と課題をチーム全員で確認して、開幕に向けてみんなで頑張っていきましょう!」と、今年もキャプテンを務めるケンゴの挨拶で、沖縄キャンプを締めくくりました。

沖縄キャンプでは3試合の練習試合を実施し、合計16得点をあげるなど、今年も攻撃的なサッカーは健在です。
現在のチームの状況について、風間監督も「今のところはすごくいい状態でやれている。頭の中の整理と、体の整理は十分できている。新加入選手もすごくやる気があって入ってきているので、純粋に吸収しようとしてくれている。その点ではかなり期待できるし、チームに早く入ってきてくれるのではないかと思う。ここまで休みをほとんど入れていないので、厳しいトレーニングの中でも、頭の中の整理がだいぶ出来てきたと感じるキャンプだったと思います」という監督の話からも、充実したキャンプを送れたことがうかがえます。

出発前には10日間お世話になったホテルの方々へ、選手を代表してシンタロウが挨拶。
「この素晴らしい環境の中で、Jリーグ開幕に向けていい準備をすることができました。今年こそはタイトルを獲って、来年またここに帰ってきたいと思います。10日間本当にありがとうございました!」

無事空路にて川崎へと戻ったチームは、2週間後に迫った開幕戦に向け、麻生グラウンドでの最終調整に入ります。
開幕まであと少し。我々スタッフも、今から開幕が待ち遠しいです!!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h