CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

12/11 (月) 2023

カテゴリー:

「第13回わたしの川崎フロンターレ」フォトコンテスト振り返り

text by

川崎フロンターレ後援会スタッフ

カテゴリー:

今年で13回目を迎えた、川崎フロンターレ連携・魅力づくり事業である「わたしの川崎フロンターレフォトコンテスト」。
7月23日から9月30日までの期間で募集を行い、「303件」と沢山の方にご応募していただきました。

本日は、フォトコンテスト受賞作品のご紹介と11月24日(金)鹿島アントラーズ戦で行われた授賞式の様子をご報告します。

今年募集を行った部門は以下の3つです。
・「風景/日常」部門
・「家族/友人」部門
・「スタジアム/応援」部門
毎年恒例の部門となっておりますが、各部門から選出された優秀作品から発表をします!

【優秀作品】

「風景/日常」部門:「草むらを抜けて、いざ等々力へ!」
フロンターレ×日常が伝わる良い写真となっております。
自分も学生時代土手を抜けて等々力で向かっていたのでこの作品で当時の思い出が蘇えりました。

「家族・友人」部門:「親子そろって、あーー惜しい!」
親子の表情がシンクロしていて素敵な一枚。
今後もフロンターレと共に、ご家族の記録を撮影して欲しいです。

「スタジアム・応援」部門:「轟け」
負けられない大一番が始まる。高揚感が写真からも感じ取れます。
フラッグの躍動感が伝わり、サポーターの青援が聞こえてきます。

続いては最優秀賞のご紹介です。

【最優秀賞】

最優秀賞は「スタジアム・応援」部門から「このエンブレムを支え叫び続ける」が選ばれました!
写真の通りですがフロンターレのエンブレムは選手、スタッフだけではなく沢山のサポーターにより支え続けてもらっている事を再認識できました。

最後に11月24日(金)鹿島アントラーズ戦の試合前に実施した授賞式の様子です。

例年フロンターレ展で授賞式実施してきましたが、今回は普段入る事ができないピッチレベルで授賞式を行いました。
初の試みではあったのですが受賞者の皆様ご協力もあり無事成功できました。
解散時には皆様から「貴重な体験ありがとうございます」とおっしゃってくださり、我々スタッフも嬉しかったです!

「第13回わたしの川崎フロンターレ」フォトコンテスト無事終了いたしました。
受賞された作品ですが2023川崎フロンターレ展にて展示予定となっておりますので
お越しになった際はぜひフォトコンテストブースもよろしくお願いします。

来年、皆様のご応募お待ちしております!!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2023-12

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ