FRONTALE DIARYフロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2015年07月11日(土)の日記

tag: イベント

インターナショナル・フェスティバル inカワサキ

text by 集客プロモG

インターナショナル・フェスティバル inカワサキ

7月5日(日)、「2015 インターナショナル・フェスティバル inカワサキ」に参加してきました。あいにくの天気の中でしたが、様々な国の人達が大勢参加し、スタートの10:00の段階で会場の飲食コーナーは多くの方でにぎわっていました!!

ここではタンザニア、ロシア、モンゴルの料理など、普段あまり食べる機会の少なそうな料理の数々が勢ぞろい! そしてサポートショップの「Forest Coffee」さんも出店をしていて、ホットコーヒーと焼きとうもろこしが売り切れてしまうほどの人気ぶりでした。スタッフはとってもおいしいあつあつのソーセージをいただきましたよ!「Forest Coffee」さんありがとうございました! 一方ふろん太は会場内で大人気! 様々な国の方と記念撮影をしてとても満足そうでした。「ヘイ! マイフレンド!」といいながら激しくスキンシップをしてきた大柄な白人男性の方にたじろぐ姿も、普段の等々力では見ることができない光景でした…(笑)

他にも、お楽しみ体験コーナーではベーゴマ遊びや竹とんぼ作成等、日本の古き良き遊びを子どもたちがとても楽しそうに遊んでいました。そんな中、フロンターレアトラクションゲームコーナーでは「玉入れ」、「空き缶釣り」を雨の為屋内で、雨が上がったあとは屋外で開催しましたが、さすがインターナショナルフェスティバル、いろいろな国の方が遊んでくれました。空き缶釣りは「磁石の付いた竿で20秒以内になるべく多くの空き缶を釣る」というゲームなのですが、保護者の方がスワヒリ語で数を数えていたのもまたフロンパークではなかなか見ない光景でした。

そして隣ではグッズガラポンの方も1回\500で開催。賞品が豪華だったというのもあり、子どもたちも自分のお小遣いをたくさん出してくれていましたよ。さらに本日ふろん太くんも、会場に顔を出す度にサインや写真を求める家族で大行列に! ふろん太くんも帰りの車の中で、「普段スタジアムに来ないような子どもたちにたくさん会えて嬉しかったぁ」と喜んでいました。

そしてステージコーナーでは和太鼓やキルギスの民族舞踊などなかなか見ることができない演目が数多く催されていたり、展示コーナーではカブの日にお世話になったボーイスカウトのPRブース、交流のあるベトナムのブースなどがありました。なかでもふろん太くんが気になっていたのは、「フットメザ」というブラジル発祥の台のうえでするおはじきサッカーのようなゲームでした。サッカーが大好きなふろん太くん、早速意気込んで挑戦しましたが、大きな鼻が台に当たってしまい、あまりうまくできませんでした。
本日、様々な国の人々と色々な交流をしてみて、改めてこのような機会は大事だと実感しました。会場では普段フロンターレの試合で見かけないような方々が大勢アトラクションに参加し、フロンターレグッズを持ち帰ってくれました。

今回「2015 インターナショナル・フェスティバルinカワサキ」に参加した皆さん、そして主催していただいた、かわさき国際交流民間団体協議会、(公財)川崎市国際交流協会の皆さん、会場の川崎市国際交流センターの皆様、本当にありがとうございました!

< 2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の日記

過去の日記

PAGE TOP

サイトマップ
クラブプロフィール
日本語
English
Portuguese
Vietnamese
한국어h