CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通エフサス
  • PwCコンサルティング合同会社
  • 株式会社富士通Japan

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

10/20 (水) 2021

カテゴリー:

プリンスリーグin富士通スタジアム川崎

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

先日10月10日(日)、富士通スタジアム川崎にて約6カ月振りに「プリンスリーグ関東・川崎フロンターレU-18vs前橋育英高校」が有観客試合にて行われました!試合結果は既にTwitterなどSNSでお知らせ済みですが、今回は当日の様子をもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

試合当日、18時に開門し、18時45分にキックオフというタイムスケジュールだったのですが、開門する頃には入場待機列にたくさんのファン・サポーターの皆さんの姿が...!
驚きと共に、プリンスリーグ関東の首位を争うこの試合へ注目してくださっている方たちがたくさんいることに、大変有難く嬉しい気持ちを覚えました。
入場口では来場者の皆さんへの検温と消毒に加え、観戦確認フォームの入力をお願いし、新型コロナ感染症対策にご協力いただきました。快くご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

また、この日は「プリンスリーグ必勝ガラポン」ブースも登場しました!

アカデミー出身選手にちなんだ豪華グッズがずらり。普通にスタッフでもガラポンやりたい!と思ってしまうラインナップでした。そして、この日の1等景品は、トップチームで活躍中の脇坂泰斗選手の「U-18選手時代ユニフォーム」。激レアアイテムということもあり、キックオフ前から大盛況でした!

キックオフ時間が近づくにつれ、スタンドには両チームの保護者の方やファン・サポーターの方の姿が増えていき、ピッチレベルでは、川崎フロンターレU-18の長橋康弘監督も「応援してくださるサポーターの皆さんへ戦戦う姿勢を見せていこう」と声をかけ、選手たちを送り出します。

選手入場時には、トップチーム同様にアンセムが流れると場内からは大きな拍手が沸き上がりました。キックオフの写真撮影ではふろん太も登場し、トップチームさながらの雰囲気でした。そして、富士通スタジアム川崎の照明がフィールドを照らす中、キックオフ。

前半から、両チーム球際で激しく体をぶつけあう激しいゲームに。川崎フロンターレU-18は、自分たちの持ち味である少ないタッチでのテンポの良いパスワークを魅せ、スタンドを沸かせます。両サイドバックのDF高畠捷選手、DF田中慶汰選手が積極的にサイドから駆けあがりチャンスを創出。Jユースリーグで素晴らしい活躍を見せプリンスリーグスタメンに抜擢された川口達也選手と、前への強いドリブルを見せるMF入江流星選手らが中心に攻撃を仕掛け続けます。前橋育英高校の攻撃の場面では、強いフィジカルを発揮し、DFラインを統一した松長根悠仁選手、中盤で確実の相手のチャンスの芽を摘む冷静なプレーを見せた田鎖勇作選手らが中心となり自陣ゴールエリアへの侵入を許しません。

2022シーズンからトップチームへの昇格が内定しているFW五十嵐太陽選手、昨年からFWとして出場し続ける田中幹大選手の2トップ、世代別代表への選出が続くMF大関友翔選手、192cmの恵まれた体格で高校2年生ながらトップチームに2種登録されたDF高井幸大選手、今季キャプテンを務めチームをまとめ上げるGK青山海選手らが中心となり、積極的に相手ゴールへ迫っていきますが、互いにゴールを奪いきることはなく後半へ。

後半に入っても、前半での良いリズムを崩すことなく良い入りを見せた川崎フロンターレU-18。59分に、相手陣地左サイドで獲得したフリーキックをDF高井が身長を存分に活かした打点の高いヘディングで綺麗に合わせ先制。流れを一気に自分たちへと手繰り寄せます。65分には、交代で投入されたMF岡野一選手のボール奪取を起点に、FW五十嵐選手、FW田中幹大選手へと繋ぐと、そのまま冷静にゴール右隅へ流し込み2点目を奪います。完全にペースを握ると、74分にはGK青山選手のロングフィードをFW田中幹大選手が頭で前線へと前線で待つFW五十嵐選手に繋ぐと、そこから得意のドリブルでGKをかわし、足をつりながらもそのままゴール枠内へ。一気にリードを3点に広げます。後半アディショナルタイム、相手の猛攻から1点ゴールを許しますがそのまま3-1で試合は終了。

プリンスリーグ関東暫定1位を守り切った川崎フロンターレU-18。試合終了後、スタンドで大きな拍手で試合を盛り上げ続けてくれた保護者の皆さん、サポーターの皆さんの前で喜びを爆発させていました。選手とスタッフとスタンドが一体になる、この瞬間に最高の喜びを感じます。本当に富士通スタジアム川崎でプリンスリーグが開催できてよかったと心から思う瞬間です。駆けつけてくださった415名のご来場者の皆様、素敵な時間をありがとうございました!

川崎フロンターレU-18は、来季の「プレミアリーグ」参入を懸けたプレーオフ参加資格である「プリンスリーグ関東3位以内」が確定しています。プレミアリーグ昇格を目指し戦い続ける、川崎フロンターレU-18への応援を引き続きよろしくお願いします!

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2021-10

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ