フロンターレ日記

川崎フロンターレは、「Jクラブは、ホームタウンで大きな貢献をしている」4年連続で第1位

川崎フロンターレ公式オンラインショップ

KAWASAKI FRONTALE OFFICIAL BLOG

後援会員限定「Frontale×FMVコラボ企画」

モバイルフロンターレ

川崎フロンターレ「LINE@アカウント」運用開始

メルマガ

公式Twitter

KAWASAKI FRONTALE Facebook 5ヶ国語対応

2014年04月15日(火)の日記

tag: 下部組織, 試合

プリンス開幕!!

text by 広報G

4月13(日)川崎フロンターレU-18が参戦する「プリンスリーグ関東」第2節がホーム等々力競技場で行われました!!

前節はアウェイで大宮アルディージャユースと開幕戦を戦い、持ち前のパスワークで攻撃を仕掛けるも決定機を決めきることが出来ず、0対1で敗れてしまった川崎フロンターレU-18。

しかし、今節はホームで、トップチームと同じ等々力競技場での戦いという事もあり、1300名以上のサポーターが駆けつけるなか、群馬県の強豪校である前橋育英高校を迎えて試合はキックオフしました。

フロンターレは立ち上がりから積極的な攻撃を見せ、早々に試合は動きます。8分、左サイドのFW岡田優希選手からMF牧寛史選手へとつながり、自らドリブル突破でペナルティーエリアまで進入し、相手GKの動きをよく見て落ち着いてゴールへ流し込み、幸先よく先制点を奪います。

その後も攻勢を見せるフロンターレでしたが、16分に一瞬の隙から前橋育英高校にペナルティーエリアの外から豪快に決められ1-1の同点に追いつかれてしまいます。後半は開始早々に中央突破からピンチを招きますが、GK深谷星太選手の好セーブで逃れると、59分と61分に続けてチャンスを作るものの相手GKの好セーブに阻まれ勝ち越すことが出来ません。

すると逆に65分、77分と立て続けに失点してしまいます。それでもフロンターレは直後の78分、左ペナルティーエリア付近でこぼれたボールを牧選手が拾い、自らシュートを放つと、これがゴール右へ決まり、1点差に詰め寄ります。さらに最後まで諦めない姿勢を見せると、試合終了間際、ペナルティーエリアすぐ外の位置でFKを獲得し、これを牧選手がゴール左上に直接決め、3-3の同点に追いつき試合終了。牧選手のハットトリックの活躍により、勝点1を獲得しました!

さらに今回は、ある企画がU-18の等々力会場限定でスタート!昨年までトップチームで活躍し、今年はクラブスタッフとして、トップチームの試合で様々な企画を計画しているヒロキと川崎フロンターレU-18OBでもあり現スクールコーチの吉田勇樹コーチと一緒に試合観戦が出来る「ヒロキシート」が設けられ、限定先着100名の来場者が、2人の解説を聞きながら楽しく試合観戦をしていました!

ヒロキさんは「最初はどう進めればいいか難しかったが、気がつけば吉田コーチとフリートークになっていて自分も楽しめた」と話すように、参加者から笑いが起こる場面もあったり、また吉田コーチからは、アカデミー出身ならではの豆知識などが聞けたりと試合をより楽しめる内容になっていました。

また参加者には、試合終了後、ヒロキオリジナルの非売品チョコが貰えるジャンケン大会やピッチレベルでの記念撮影が行われ、写真もその場で貰えるなど特典盛りだくさんのイベントとなりました。吉田コーチは、「初めての試みだったのでどのようなるかわからなかったけど、今回やってみて次回に向けてのイメージもできました」と言っていたので次回U-18の試合を等々力で実施できるときがあれば楽しみですね!

プリンスリーグ関東での戦いは今後も強豪との試合が続きますが、今回2点のビハインドを残り15分で追いついた粘りをみせ、1つでも多くの勝点を取っていくようチームは努力しますので、皆さんもトップチーム同様のご声援をお願いいたします!

< 2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去の日記

過去の日記

サイトマップ

閉じる

このページのトップへ