FRONTALE DIARYフロンターレ日記

6/28 (木) 2018

カテゴリー:

あのパワースポットへ今年も!

text by

広報G

カテゴリー:

北海道亀田郡七飯町キャンプ8日目。
夏季キャンプは残り2日日となり、最終日は練習試合ということで午前練習のみに変更となりました。

練習前の朝、選手スタッフ全員で大沼国定公園のパワースポット、駒ケ岳神社の大岩へ。

大岩は大昔に駒ケ岳が噴火したときに落ちてきた、その名の通りの大きな岩。
その割れ目を通り抜けられるようになっており、岩の中で深呼吸をすると困難を突破できるとと言われています。
去年の七飯町キャンプでも選手、スタッフで駒ケ岳神社を訪れましたが、皆さんご存知の通りチームはリーグ優勝を成し遂げることができました。今年もゲンの良いスポットで、大自然のパワーをいただくことができたのではないでしょうか。

そして、チームは練習場の大沼多目的グラウンド「トルナーレ」へ。
グラウンドではウォーミングアップ、ボール回しのあと、主に守備戦術の確認が行われました。
今回のキャンプではチームとしてのベースの幅を広げ、厚みをもたせるというテーマのもと、個のプレーの質を上げる、そして戦術面を突き詰めるトレーニングが続けられています。

ゲーム形式のトレーニングで気になった場面があったときは、鬼木監督がプレーを止めて選手に声をかけ、ボールへのアプローチやスライドのタイミング
といった細かなポイントをチェックしていました。

キャンプ前半は追い込んだトレーニングで日程も眺めなので、少々お疲れの選手もいる様子。

午後はフリーだったので、少しはゆっくり過ごすことができたのではないでしょうか。

明日はキャンプ最終日。締めの練習試合が組まれています。
ここまで充実したキャンプを過ごすことができているので、いい形で締めくくってもらいたいですね。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-06

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ