CLUB OFFICIAL  
TOP PARTNERS

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

4/28 (木) 2022

カテゴリー:

マレーシア遠征、終盤戦へ

text by

オフィシャルライター 麻生広郷

カテゴリー:

マレーシア遠征は2週間を過ぎ、ACLグループステージは終盤戦に入っています。

グループステージ第4節は、前節引き分けた地元クラブのジョホール・ダルル・タクシム(JDT)との対戦でした。
今回も相手チームの新ホームスタジアムで、ひさびさの声出し応援ありということで完全アウェイの雰囲気。さらに22時キックオフということもあり前節はなかなかリズムに乗り切れませんでしたが、このシチュエーションを1試合経験したことで選手たちは何かつかんだものがあったようです。


立ち上がりこそJDTの勢いに押される展開でしたが、ヤストが見事なフリーキックを決めて先制。この一撃で試合の流れががらりと変わりました。さらにフロンターレらしい崩しからユウが2得点を挙げ、前半で3-0。後半JDTの反撃をしのぎながら落ち着いて試合を運び、終盤マルシーニョ、チャナティップがゴールを奪い5-0で勝利を挙げました。

「早い時間に先制点を取れて、そこから得点を重ねることができました。自分たちらしいサッカーをやろうと選手たちを送り出し、それを体現してくれたと思います」(鬼木監督)

「今シーズン初ゴールを決めることができて、やっとチームの力になれたのかなと感じている。絶対結果を残してやろうという思いで試合に臨んで、あのフリーキックはその気持ちだけで決めたようなもの」(脇坂泰斗)

続く第5節は蔚山現代との二度目の対戦。第1節、第2節が行われたスタジアムに戻り17時キックオフということで、非常にタフな勝負になりました。
試合は立ち上がりからフロンターレが攻勢をかけますが、逆にワンチャンスを決められ失点。さらに相手の狙いのカウンターから追加点を奪われ2点差とされ、ダミアンのゴールで1点を返すものの後半立ち上がりにもカウンターから失点。終盤パワープレーをかけてアディショナルタイムにダミアンのゴールで再び1点差に迫るものの、一歩届かず2-3で敗戦という結果に終わりました。

「ゲームの入りとしては悪くなかったと思いますし、そこで得点が取れていれば展開も違っていたと思います。自分たちのミスだったり、ケアしていたところから失点をしてしまったりと、難しい試合にしてしまいました」(鬼木監督)

「自分たちがボールを握れる展開になることは事前からわかっていて、こちらのボールを持って攻める狙いと、相手の自陣で引いてカウンターという狙いがありました。そこは紙一重ですが、その紙一重のところで相手が上回っていた」(家長昭博)

この結果、フロンターレはグループ3位に後退。自力でのグループステージ突破の可能性がなくなってしまいました。しかし、まだ可能性は残されています。最終節で広州FCに勝利すればグループ2位以上が確定。もうひとつのカードのJDT対蔚山が引き分けで終わればグループ首位通過となり、JDTもしくは蔚山が勝利すれば東地区のグループ2位5チームのうち上位3チームがノックアウトステージに進出することができます(※グループ4位チームとの対戦結果を除く成績)。

非常に複雑なレギュレーションで場合によっては最終戦翌日の他グループの結果待ちという状況になる可能性もありますが、とにかく大前提として最終節での勝利が必要です。中2日のハードな6連戦はいよいよ最終戦。1人ひとりの力を結集して勝利を挙げ、日本に帰ってきてもらいたいと思います。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2022-05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ