CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 富士通エフサス
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

富士通スタジアム川崎の11月

text by

富士通スタジアム川崎スタッフ

カテゴリー:

こんにちは。富士通スタジアム川崎です。

いつも「日記」をご覧になっている皆様はご存知だと思いますが、川崎フロンターレは2015年4月から「富士通スタジアム川崎」を指定管理者として運営を開始し、3年と8ヶ月が経ちました。

あっという間の日々でしたが「公園の賑わい」「稼働率向上」「利用者満足度」「アメリカンフットボールを活用したまちづくり」という川崎市が掲げるミッションをプロサッカークラブである川崎フロンターレならではのやりかたで進め、様々なイベント、事業を実施してきました。
アメリカンフットボールを中心にサッカー、ラクロス、アルティメット、チア、ボクシング、総合格闘技、グラウンドゴルフ、ポールウォーキング、ラグビー、アンプティサッカー、ブラインドサッカー等様々なスポーツイベント、複数の競技大会の招致、開催、各種スポーツ団体のご利用により、世代を越えた多くの市民の皆様に公園に足を運んでいただき楽しんでいただくことが出来ました。

今年に入ってからも「リレーマラソン」、「キッズ自転車クリニック」、「横浜DeNAベイスターズ ベースボールスクール」、そして念願の「夏祭り」の開催等々、休む間も無く新しいチャレンジを続けています。

そんな富士通スタジアム川崎の11月をご紹介します。
様々なスポーツで賑わう富士通スタジアム川崎ですがその主役ともいえるのが国内アメフトの最高峰、社会人アメリカンフットボールリーグ「Xリーグ」です。
約3ヶ月間にわたって繰り広げられてきたレギュラーシーズンを終え現在はポストシーズンの真っただ中。いよいよクライマックス。11/25日(日)「SEMIFINAL」迎えます。

その対戦カードが決まりました。連覇を目指す王者「富士通フロンティアーズ」対、かつての絶対王者、通算優勝回数リーグ最多の8回を誇る名門「オービックシーガルズ」です。

日本アメフト界をリードし激闘を繰り広げて来た両雄が2年連続で相まみえることになりました。
先日の「日記」でもお伝えしましたが、今年、10月7日のレギュラーシーズンでも対戦しており、その時は「富士通フロンティアーズ」が勝利を収めています。「赤」と「アクアグリーン」で染まった観客席は本当に美しかったです。今回はどんな景色を見ることが出来るのでしょうか。

「SEMIFINAL」を終えると、12/17(月)に東京ドームで行われる「JAPAN X BOWL」で社会人日本一、年明け1/3(木)に学生チャンピオンとの日本一を決定戦「ライスボウル」までアメフトシーズンは続きます。
これ以上ない最高の対戦カードとなった「SEMIFINAL」の会場では来場者満足高まること間違いなしの大注目のイベントが多数用意されています。

先日の「お知らせ」でもご紹介しましたが、これまで富士通スタジアム川崎のイベントの数々にご協力いただいている川崎フロンターレオフィシャルスポンサー「川崎ルフロン」様のご協力で「川崎ルフロンDAY」と銘打ち様々なイベントが行われます。

その内容を少しご紹介します。
まずは「川崎ルフロンpresentsパスターゲット」。得点の書いてある的にアメフトのボールを3球投げ、合計で50点を超えた方には「川崎ルフロンお買い物券500円分」をプレゼント!しかも、キャリーオーバー制。挑戦者が失敗するとお買物券が次の参加者へ繰り越されるので、19人連続で失敗し20人目で成功したら最大で1万円分もゲットできる可能性も!子どもから大人、誰でも参加可能です。是非ご参加ください。

もう一つ「川崎ルフロンで使えるお買い物券がもらえる」お馴染みアトラクションが復活!そう!「川崎ルフロンpresentsフィールドゴールチャレンジ」。あの大人気イベントが多くの市民からのリクエストに応えこの日限定で復活します!!
アメフトボールを蹴りフィールドゴールを見事成功させれば「お買い物券500円分」をプレゼント!「パスターゲット」同様キャリーオーバー制。挑戦者が失敗するとお買物券が次の参加者へ繰り越されます。男性は20yd、女性は10ydラインから蹴ります。もしかすると「パスターゲット」とあわせて2万円分のお買い物券をゲットも!?是非ご参加ください。

その他にも大人気大型ふわふわ遊具「NFLエクスペリエンス」やアメフト選手と対決できる「綱引き対決」、イケメン選手にお姫様抱っこされながら撮影出来る「記念撮影コーナー」。ワークショップでは、「クリスマスオーナメント」と「ロゼットアクセサリー」を作る事ができます。

「フラッグフットボール教室」と「Xリーグチアダンス教室」もあります。(※事前募集制です)
「フラッグフットボール教室」は、なんと!現役Xリーガーが講師として指導、「Xリーグチアダンス教室」各ディビジョンから選抜された「JXBオールスターチアリーダー」の皆さんが直接指導する、どちらも画期的な素晴らしい試みとなりました。豪華な講師陣による教室に是非ご参加ください。

※「フラッグフットボール教室」のお申し込みはこちら

※「Xリーグチアダンス教室」のお申し込みはこちら

他にも 現役選手達による「トークライブ」や「JXBオールスターチアリーダー」による「Welcomeダンス」、そしてXリーグの試合ではお馴染みとなった、地元、仲見世商店街のグルメの祭典「川崎アメフト屋台村」も開催されます。

11/25(日)はイベントが盛り沢山。ここではとても書ききれません。全て参加費無料ですので、「遊んで」、「食べて」、「観戦して」、存分にお楽しみください。

富士通スタジアム川崎のアメリカンフットボールはXリーグだけではありません。
11/11(日)「第49回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会」。関東地区・準決勝が行われました。

アメリカンフットボールの高校年代日本一を決める大会である「クリスマスボウル」への出場校を決める関東地区のトーナメントの準決勝です。
・第一試合 慶應義塾高等学校 〇 VS ● 足立学園高等学校
・第二試合 千葉日本大学第一高等学校  ● VS 〇 佼成学園高等学校

トーナメントは負けたら終わり。高校生活を共に過ごした仲間とのプレーが終わりを迎えることになります。
この日の富士通スタジアム川崎は敗れたチームのキャプテンが観客席に挨拶した後、崩れ落ちて立てなくなった姿、最後の円陣でのコーチ達の言葉、そして3年生達の涙、等、高校生スポーツが持つ、さわやかで、かつ、切ない空気が流れていました。

同じく11/11(日)。
高校アメフトの後に開催されたのは関東学生ラクロスリーグ・男子入替戦、一橋大学(1部A6位)vs明治学院大学(2部A1位)。20年間、1部の座を守ってきた一橋大学に古豪・明治学院が挑むという構図でした。富士通スタジアム川崎の競技別利用のナンバーワンを誇るラクロスの大会らしく場内は多くの来場者で溢れました。

こちらも学生生活最大にして最後の舞台という独特の緊張感に包まれていました。試合終了後のスタジアムの外では勝ったチームも負けたチームも選手、OB、コーチ、家族が入り混じり、写真を撮る姿が。最後のひと時を惜しみ、閉館時間が迫っても会場を離れようとしませんでした。

富士通スタジアム川崎では12月末まで、大学アメフトや大学ラクロスの入替戦が多く行われます。きっとたくさんの忘れられないドラマが生まれることでしょう。

続いては毎年恒例の「第41回かわさき市民祭り」。
11/2(金)・11/3(土)・11/4(日)の3日間、富士見公園一帯で開催されました。50万人以上が来場する川崎が誇るビッグイベントです。色とりどりのテントが立ち並んだ屋台や特産品の販売はもちろん、富士通スタジアム川崎や川崎競輪場の特設イベント会場では様々なアトラクションや体験会が開催され賑わいました。

そんな中、ひときわ存在感を示していたのは現在富士通スタジアム川崎で開催中の「各種自主事業」の体験会やデモンストレーションの数々です。(※富士通スタジアム川崎では、川崎市内を中心とした、多くの団体とのコラボにより数々の自主事業を実施しています)

ポールウォーキング&エクササイズ教室」よるツインポールエクササイズのデモンストレーション、フロンティアレッツ・キッズチア「フェアリーズ」による可愛らしいパフォーマンス。

そして最も注目を集めていたのは「新田ボクシングジムコーナー」です。

なんと富士通スタジアム川崎のフィールド上にリングを設置するという画期的な試み!ジム所属のプロボクサーによる「公開スパーリング」の迫力に通りがかった人々が圧倒されていました。
「プロボクサーに挑戦!!・体験」では10名の猛者(女子含む)達が果敢にチャレンジし汗を流していました。

こんな楽しい体験が富士通スタジアム川崎では毎週出来るのです。

この記事を読んで興味をもった方は、是非、現在開催中のロードワーク教室にご参加ください。

富士通スタジアム川崎の前身である川崎球場では、かつて何度もリングが設営されプロレスの興行が行われていました。いつの日か富士通スタジアム川崎のフィールドでボクシングのタイトルマッチを行いたいですね!

また毎年恒例となっている富士通スタジアム川崎による「特製グルメ」の販売も行われました。
今年のメニューは「富士見のスタ丼」!「BKB丼」と銘打たれた1杯約1kgのプルコギ丼(BKB盛り)をはじめ、揚げたてのメンチカツにコロッケ、からあげ等が山のように盛られた「全部のせ丼」が飛ぶように売れました。

販売に向けては富士通フロンティアーズの選手達にもご協力をいただきました。
1kgの丼をペロリと食べてしまうのはさすが日本一の選手達です。その模様はこちらをご覧ください。

11月の富士通スタジアム川崎、いかがでしたでしょうか。
ご紹介したのは富士通スタジアム川崎のほんの一部分。スタッフは毎日、趣向を凝らして、ここに掲載出来なかった、たくさんの楽しいイベントをご用意して皆様のご来場をお待ちしています。

富士通スタジアム川崎を引き続きよろしくお願いします。

スタッフ一同、全力で取り組んで参ります。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2018-12

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ