CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

1/24 (木) 2019

カテゴリー:

ルーキーの2人も、日々成長中!

text by

広報G

カテゴリー:

綾町キャンプは9日目。終盤に入っています。
選手は疲労が蓄積されている時期ですが、それぞれ自分の体と相談しながら連日トレーニングに取り組んでいます。

今回は宮代大聖、原田虹輝のルーキー2人に話を聞きました。

「チームとしては毎日いい雰囲気でトレーニングができています。みんなサッカーを楽しむことを忘れず、でもやるときはしっかりやるので、僕を含めて新加入選手が入りやすい雰囲気だなと感じています」と話すのはタイセイ。

アカデミー時代からトップチームのキャンプに何度か参加しており、その出で立ちは堂々としたもの。鵬翔高校との練習試合では4得点。得点を取ることに関しては、すでに完成されたものを持っています。

「僕は相手どうこうというのはあまり考えていなくて、どんな相手でも結果を残すということを意識しています。なので練習試合で点を取れたのはポジティブに考えていますけど、チームとしての連動性はまだうまくいってない部分もあるので、そこはもっと詰めていきたいです」

ロンドン五輪得点王のダミアンが加入し、今シーズンはさらにレベルの高いFWのポジション争いが起こりそうですが、強烈なシュートと得点力を武器に存在感を示してもらいたいですね。

「個人的に課題がまだたくさんあって、今回のキャンプでも新しい課題が見つかっているので、少しでも改善できるようにしていきたいです。具体的にはボールを止めて蹴ることを、より早く判断することです」と話すのはコウキ。

タイセイとは違って何から何まで初めての経験ですが、プロの雰囲気に慣れながら持ち味を出そうと一生懸命トレーニングを積み重ねています。

「キャンプ前はもっと走るのかなと思っていましたけど、意外とボールを使う練習が多くて、これがフロンターレなんだなと実感しました。まだいろいろ課題はありますけど、充実した日々を過ごせています」

おとなしそうなキャラクター、そしてプレースタイル的にもリョウタのルーキー時代を思い出しますが、1日1日を大事にしながらどんどん成長してもらいたいですね。

そんな2人の様子を、小林キャプテンとケンゴに聞きました。

「タイセイは去年からチームにいてアカデミーの頃からキャンプに来ているので、チームに馴染んでいますよね。プレーに関しては自分が18歳の頃を考えると、ものすごいものを持っています。このまま順調に行けば世界の舞台に行けるぐらいの力があると思っているので期待しています」(ユウ)

「タイセイはルーキーじゃないよね。まるで昔からずっといる選手というか、すでにベテランの域に入ってる(笑)。シュートにいくところとか自分の形は持っているので、あとはプレーの幅を広げてもらえればいいんじゃないですか」(ケンゴ)

「コウキはまだ様子を見ながらという感じもあるんですけど、意外と強気な面があるんですよね。ショウタとかからいじられたときに、普通に真顔で言い返してました。そこはリョウタよりも全然早い(笑)。サッカーに関しては足下の技術があって、もっとうまくなれる選手だと思っているので期待しています」(ユウ)

「そういう意味では、コウキはルーキーらしい初々しさを感じますね。全部初めての経験なのでまだ緊張してるのかもしれないけど、遠慮せず全力で等身大の自分を出してもらいたいです。1年目のキャンプはそこが大事。
あとは去年の守田100%みたいに、ピッチ外で自分の殻を破るのもいいんじゃないですか。意外とそういうことからきっかけをつかむこともあるので。だから新体制発表会見、期待しています。と、プレッシャーをかけておこう(笑)」(ケンゴ)

先輩たちの背中を見ながら成長していく姿を、皆さんで見守っていただければと思います。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2019-01

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の日記

過去の日記

2019

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ