CLUB OFFICIAL 
TOP PARTNERS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • Sアンカー・ジャパン株式会社
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • プーマ
  • 株式会社富士通エフサス
  • 株式会社松尾工務店
  • 株式会社富士通Japan

FRONTALE DIARYフロンターレ日記

6/19 (日) 2005

カテゴリー:

次への戦いに向けて

text by

広報部

カテゴリー:

つかの間のオフを終えた選手たちは、17日に麻生グラウンドで軽い調整後、18日から御殿場にてミニキャンプを開始しました。

トレーニング前、選手達を集め「ここまでのリーグ戦12試合、ナビスコカップの6試合を戦ってきて、再び始まるリーグ戦に向けて準備していくポイントが幾つかある。今回の御殿場キャンプ、そして麻生グラウンドでのトレーニングの中で時間は限られているが、しっかりチームとしてのベクトルをあわせて準備していこう。特に7月は重要な試合が続く。また週に2回という連戦が続いていく。もう一度、チームの意識、方向を統一して戦っていこう」と関塚監督。

トレーニングはマルセロコーチのフィジカルトレーニングから始まり、ボールを使ったトレーニング、最後には7対7のミニゲームで初日のトレーニングを終了。

怪我でチームを離れていた選手達もチームへの合流に向けてリハビリトレーニングにも力が入っています。ガナ、ベティーらはランニングから、ボールを使ったトレーニング。マルクスもフレッジ・フィジオセラピストとグラウンドでリハビリメニューをスタートさせています。

キャンプというサッカーに集中できる環境の中で、選手達の更なる成長、チームとしての成熟に期待したいところです。再びチームがスタートしました。

  • ツイッター
  • フェイスブック

関連する日記

share with friends!
Tweet
FB Shere

2021-06

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の日記

過去の日記

カテゴリー

PAGE TOP

サイトマップ